2018年7月31日、Gateboxは“好きなキャラクターと暮らせる”装置「Gatebox」の量産モデルを発表し、予約を開始した。10月以降の発売で価格は15万円。

「Gatebox」の量産モデル
[画像のクリックで拡大表示]

 「Gatebox」は、ポッドの中に投影された手のひらサイズの3Dキャラとコミュニケーションがとれる装置。2016年12月に300台限定で発売すると、約30万円という価格にもかかわらず約1カ月で完売するほど人気を集めた。

 量産モデルはポッド部分が空中に浮いて見えるようなデザインに変更し、設置面積も従来モデルより小さくした。内部の透過型スクリーンにプロジェクターでキャラクターを投影する方式は変わらないが、従来モデルより鮮明に投影できるようになったという。

キャラクターが宙に浮いているような、未来感や浮遊感のあるデザインにこだわったという
[画像のクリックで拡大表示]
ポッドを背面の金属フレームでつり下げる、鳥かごのようなデザイン
[画像のクリックで拡大表示]
従来モデル(右)との比較。従来モデルより少し高くなったが奥行きが短くなり、設置しやすくなっている
[画像のクリックで拡大表示]