Airbnbが家を作った?「ハウス・ビジョン展」

CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)と日本デザインセンター 原デザイン研究所(展示デザイン)、中島信也(映像制作)による「電波の屋根を持つ家」。遠く離れた家族同士が同時に会話できれば、そのバーチャルな場が家になる、という考え方は家の存在そのものからも自由だ
閉じる