タイ・バンコクにおいて、日本最大級のアイドルフェスティバルであるTOKYO IDOL FESTIVAL(TIF)シリーズの海外編が初開催された。2018年4月27~29日のことだ。大手国内アイドルフェスの@JAMシリーズに続く、大規模フェスの海外展開になる。国内で実績を積み上げてきたTIFが、ここに来て海外進出を推し進めようとする狙いはどこにあるのか。昨年からTIFの総合プロデューサーに就任し、今回のTIF in BANGKOKのプロデューサーでもあるフジテレビジョンの菊竹龍氏にその真意を聞いた。

2020年をゴールにしたストーリーの起点

――今回、TIFとしては初の海外進出となりましたが、このタイミングで海外に展開するキッカケが何かあったのでしょうか?

菊竹龍氏(以下、菊竹): アイドルフェスとしてはすでに@JAMさんが先駆けて海外展開されていて、総合プロデューサーの橋元さん(橋元恵一氏、Zeppライブ)からは、収益面でなかなか厳しいことを以前から聞いていたこともあり、TIFとしてはなかなか踏み出せずにいました。ただ、きちんと2020年を一つのゴールに設定してTIFのブランディングを構築していく時に、2020年にいきなり何かをやるのではなくて、今年2018年からストーリーを作って3カ年で2020年につなげていきたいと考えました。そのストーリーの起点として今回踏み出したということです。

――最初の地にタイを選ばれたのは、何か理由があるのでしょうか?

菊竹: 実は昨年のTIFで海外チケットを購入した人が一番多かったのがタイだったんです。そこで、まずはマーケティング的にタイがアイドルシーンにもっとも親和性が高いと考え、第一候補に挙がりました。さらに、もともと親日的な国として潜在的なマーケットの可能性が高いことと、ここ最近のBNK48(注)さんの台頭が判断の要素として影響しました。

(注)BNK48:AKB48をプロデュースする秋元康氏が総合プロデューサーを務めるタイのアイドルグループ。AKB48グループの一つで、2017年から活動を開始し、現在はタイ国内で絶大な人気を誇っている


――“潜在的な可能性”とBNK48について、もう少し詳しく教えていただけますか?

菊竹: 基本的にタイの方は日本文化が好きです。もともと日本にとってそういう潜在的なマーケットの可能性があるところに、ちょうどK-POPアイドルの人気が沈静化した状況も加わり、今がまさにその時と考えました。韓流ブームの反動もあって、これからタイでは、日本のアイドルブーム初期のころのような女の子っぽいアイドルがウケるようになると考えました。だから、今回タイに参加してもらったアイドルグループは、愛乙女☆DOLL(ラブリードール:ラブドル)さんやネコプラ(TIF初出演、海外初遠征の感想をインタビュー。後半のコラムを参照)さんといった、いわゆる“楽曲派”ではない王道アイドルの方々を中心に出演オファーしました。

 また、BNK48さんについてですが、タイのアイドル市場も含めて最新の情報は、タイで以前から付き合いのあるアーティスト事務所を通じていろいろ話を聞いていました。そこから、どうやら本格的に「BNKがすごいらしい」という情報を得ました。今や、タイのアイドル市場ではBNK48さんが1強となっているようです。また、これに伴い、48グループさんや46グループ(乃木坂46や欅坂46など)さんの人気も非常に高くなっていることが分かりました。

タイ・バンコクで爆発的人気を誇るBNK48。TIF in BANGKOKのステージにて
[画像のクリックで拡大表示]

AKBグループを軸にしたキャスティングとSNSで集客

――現地での集客はどのようにしたのですか?

菊竹: このように、タイのアイドルシーンがBNK48さんを中心に盛り上がっていると感じたので、まずは「48グループさんとタイならではの企画を考えたい!」ということで、NGT48(新潟のAKB48グループ)さんとJKT48(インドネシア・ジャカルタの48グループ)さんに声をかけ、さらにBNK48さんとそれぞれ毎日コラボする展開を考えました。タイでは、このように48グループさんが3組も集まることは初めて。それが現地で大きな話題を呼びました。

 大変多くの集客ができた(フジテレビ発表値で1万5000人)一番の要因は、こうしたキャスティングによるものじゃないかと思っています。また、日本から連れていったほかのアイドルグループさんも無作為に選んだわけではなくて、地道にタイでワンマンライブなどを開いているアキシブprojectさんやラブドルさんなどを選んでいます。

 プロモーション自体は、タイではSNSメディアとしてFacebookが最強ということもあり、そこをベースにBNK48さんの拡散力を利用して記者会見の映像などを流しました。そうすると、これが何万回も再生もされたんです。さらに、タイの若者文化の特性なんでしょうが、日本に比べて「いいね」や「シェアする」ことのハードルが大変低いので、あっと言う間に何万シェアもされるという効果も出てきました。

インドネシア・ジャカルタのJKT48。AKB48グループとしてはBNK48の先輩格になる。 TIF in BANGKOKのステージにて
[画像のクリックで拡大表示]