ハウステンボスは、入場者数では東京ディズニーリゾートや大阪にあるユニバーサル・スタジオ・ジャパンに次ぐ第3位だが、東京や大阪といった大都市圏から遠いため集客が常に課題となっている。そのため日本最大級のウォーターパークやドローンによるライトショー、ロボットを使ったアトラクションや変なホテルなど、ほかにはない施設を積極的に取り入れている。VRアトラクションを積極的に増やしているのも集客策の一つだろう。

海上に設置された日本最大級のウォーターパーク。人気が高く、8月からは面積を1.5倍に拡大
[画像のクリックで拡大表示]
プールも人気が高い。夜間は子供も遊べるナイトプールを実施している。18歳以上限定の大人向けエリアもある
[画像のクリックで拡大表示]
ロボットやVRなど先端技術を生かしたアトラクションにも力を入れている。子供が乗って対戦できるロボットもある
[画像のクリックで拡大表示]

 とはいえVRについては、新宿歌舞伎町にバンダイナムコの「VR ZONE SHINJUKU」がオープンするなど、VRを使ったアミューズメント施設が大都市圏を中心に増えている。地方にあるハウステンボスとしては、よりオリジナリティーの高いアトラクションが求められる。今回のVR-KINGやバハムートディスコには、オリジナリティーの高さが感じられた。新しいものを積極的に取り入れていくハウステンボスのユニークな集客策に今後も注目したい。

(文/湯浅英夫=IT・家電ライター)

日経トレンディネット 2017年8月5日付の記事を転載]