カフェも備えるセンター棟をはさんだ向かい側は、カラフルなMINIを11台展示するMINIのショールームだ。BMW同様に最新のCI(コーポレートアイデンティティ)に沿った展示スペースになっており、ハイパフォーマンスモデルシリーズのJohn Cooper Works(ジョン・クーパー・ワークス)のコーナーもある。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

セールススタッフではないスペシャリストが常駐

 両ショールームには、それぞれのブランドとモデルに精通した「BMWジーニアス」「MINIジーニアス」と呼ばれる各ブランドの担当者が常駐し、来場者のあらゆる質問に答えてくれるという。ポイントは彼らがセールススタッフではないこと。つまり、来場者は一般の販売店を訪れるよりも気軽に質問できるという。

 とはいえもちろんショールームなので、正規ディーラーとしてクルマを売る機能は備えている。来場者が望めばセールススタッフを呼んで商談もできるし、オーナーは他のディーラーと同じように愛車のメンテナンスも依頼できる。

 またショールームの外には、屋根を備えたBMWとMINIの認定中古車展示スペースもある。

[画像のクリックで拡大表示]

次ページ 夜のドライビングレッスンや最新モデルの公道試乗も可能