9.自分がよく使う顔文字を登録、利用する

 キーボードの「^_^」キーでは、あらかじめ用意してあった顔文字が入力できる。だが、自分がよく使うオリジナルの顔文字を登録するには、「black smiling face」と呼ばれる特殊な文字を読みとして登録し、ユーザ辞書に顔文字を登録するとよい。

 「black smiling face」は、Unicodeという文字コードに規定されている黒い顔のスマイルマークのこと。「black smiling face」をiPhoneだけで入力するには、ちょっとしたテクニックが必要になる。下記に、スクリーンショットで手順を紹介する。

「設定」から「一般」→「キーボード」→「ユーザ辞書」を選び「単語」フィールドに、登録したい顔文字を入力する
「設定」から「一般」→「キーボード」→「ユーザ辞書」を選び「単語」フィールドに、登録したい顔文字を入力する
[画像のクリックで拡大表示]
「読み」に上図の顔文字を入力する(「^_^」キーをタップして表示される変換候補の中にある)
「読み」に上図の顔文字を入力する(「^_^」キーをタップして表示される変換候補の中にある)
[画像のクリックで拡大表示]
「black smiling face」(黒い顔のスマイルマーク)を1つ残して他は削除、画面右上の「保存」をタップする。これで登録できた
「black smiling face」(黒い顔のスマイルマーク)を1つ残して他は削除、画面右上の「保存」をタップする。これで登録できた
[画像のクリックで拡大表示]
「^_^」キーをタップすると、登録した顔文字が入力候補に表示される
「^_^」キーをタップすると、登録した顔文字が入力候補に表示される
[画像のクリックで拡大表示]

10.入力した文字や編集結果を取り消す・やり直す

 入力を取り消したり、削除した文字を元に戻したいときには、iPhoneをシェイクしよう。ダイアログで「取消」をタップすればよい。この操作を繰り返えせば、操作を戻していける。

 取り消したあと、さらにシェイクするとダイアログには「取消」に加えて、「やり直す」表示される。「やり直す」をタップすると、取り消した操作をやり直して、取り消し前に戻せる。

文字入力や編集後に、iPhone本体をシェイクすると、画面に「取り消す - 入力」と表示される。「取消」をタップすると直前の操作を取り消せる
文字入力や編集後に、iPhone本体をシェイクすると、画面に「取り消す - 入力」と表示される。「取消」をタップすると直前の操作を取り消せる
[画像のクリックで拡大表示]
取り消し後に、再度シェイクするとダイアログで「やり直す」も選択できるようになる。「やり直す」をタップすると、取り消した操作をやり直して、取り消し前に戻せる
取り消し後に、再度シェイクするとダイアログで「やり直す」も選択できるようになる。「やり直す」をタップすると、取り消した操作をやり直して、取り消し前に戻せる
[画像のクリックで拡大表示]

【番外編】全角スペースを入力する(iPad限定)

 最後に、こちらはiPad限定だが、標準のキーボードだけで全角スペースを入力する方法を紹介しよう。

 iPadの「日本語-かな」キーボードを分割しない状態で、文字種を数字または英字に切り替えると、右下に「全角」キーがある。主に全角の英数字を入力するためなのだが、「全角」キーに続いて「空白」キーをタップすると、全角スペースを入力できる。

 iPadでの文字入力に慣れていると、「日本語-かな」キーボードを分割しない状態ではあまり使っていないかもしれない。手順は若干複雑だが、iPadだけで完結するので、パソコンなどで入力した全角スペースを何らかの手段でコピー&ペーストするよりは簡単だ。残念ながらiPhoneには、この機能はない。

iPadの「日本語-かな」キーボード、文字種を数字または英字に切り替えると、右下に「全角」キーがある。「全角」キーに続いて「空白」キーをタップすると、全角スペースが入力できる
iPadの「日本語-かな」キーボード、文字種を数字または英字に切り替えると、右下に「全角」キーがある。「全角」キーに続いて「空白」キーをタップすると、全角スペースが入力できる
[画像のクリックで拡大表示]

(文/伊藤 朝輝 編集/日経トレンディネット