サンシャイン水族館の丸山克志館長は「2011年のリニューアル時にも屋外の開放感を生かした展示を作りましたが、まだやりたいことがありました。屋上なので熱いですが、太陽の光を浴びながら緑の中で自然を感じてほしい。都会の空をバックに飛ぶように泳ぐ展示は他にないですから」と語った。

サンシャイン水族館の丸山克志館長
[画像のクリックで拡大表示]

 また、2011年に引き続き、今回のリニューアルの展示プロデュースを担当した中村元氏は「サンシャイン水族館は屋上があることが特徴。なにより“サンシャイン”だから、空につなげたかった。今回のリニューアルでサンシャイン水族館自体が空につながったと思います。奥行き感が空と海は近いと思っていて、そして都会の空っていうのが面白いです。ペンギンのうち2、3羽は空に向かって飛ぼうとするのもいますから、探してみてください(笑)」

水族館プロデューサー 中村 元氏
[画像のクリックで拡大表示]

 実際に見ていると、マンションを背景にペンギンが泳いでいるのはとても不思議な光景だ。さらに、水槽のガラス越しではあるものの、毛並みが分かるほど間近にペンギンの泳ぐ姿が見られるのも面白い。見上げると、太陽と青空の中をペンギンが羽根を広げて泳いでおり、本当に飛んでいるかのような錯覚を受ける。