スマホやBluetoothでも楽しめる

 Just earは安くても20万円、音声カスタムまですれば30万円になるので、簡単に購入できるものではない。しかし、購入すればまさに自分だけの、そして最高のイヤホンが手に入るのは間違いない。「自分好みのサウンドで音楽を楽しみたい」または「一生モノのイヤホンが欲しい」という人は、ぜひ検討してほしいところだ。

 「高級音楽プレーヤーでないとカスタムイヤホンを買う意味がないのでは?」と思う人もいるだろう。しかし、Just earはスマホでも全く問題ない。「スマホで音楽を聴くことが多いから」と、Just earの音質カスタマイズをスマホ向けに調整したユーザーもいたそうだ。またJust earはケーブル交換ができるので、Bluetooth対応のワイヤレスオーディオレシーバーでの利用もおすすめだ。

 松尾氏によれば、「同じ価格ならば、プレーヤーよりもイヤホンやヘッドホンのほうにお金を出すほうが、音質の向上を感じることが多い」とのこと。実際、ハイレゾと比べて音質的に劣るMP3やストリーミング配信の音源でも、Just earはかなり魅力的なサウンドで聴かせてくれた。カスタムイヤホンは高音質なだけでなく、自分に合ったリスニングスタイルで楽しめる製品だといえるだろう。

松尾氏のいち押しはワイヤレスでの利用。Just earはケーブル交換が可能なので、Bluetoothに対応したソニーのワイヤレスオーディオレシーバー「MUC-M2BT1」を組み合わせれば、スマホでの使い勝手はさらにアップする
松尾氏のいち押しはワイヤレスでの利用。Just earはケーブル交換が可能なので、Bluetoothに対応したソニーのワイヤレスオーディオレシーバー「MUC-M2BT1」を組み合わせれば、スマホでの使い勝手はさらにアップする
[画像のクリックで拡大表示]

(文/近藤 寿成=スプール)

日経トレンディネット 2017年7月25日付の記事を転載]