被写体を自動で撮影し続けるユニークな機能も

 Phantom 4は、いったんホバリングさせれば機体が安定するため、撮影に集中できるのが魅力だ。タブレットのDJI GOアプリを使えば、解像度や露出補正、ホワイトバランス変更といった細かな設定もできる。

 Phantom 4は、マニュアル操作では難しい撮影機能を充実させた点も注目できる。その1つが「ポイント・オブ・インタレスト」という機能だ。あらかじめ地図上で決めた点を中心に、常にカメラをその点に向けながら円を描いて飛行する機能だ。撮影の主題をより明確にする撮影でよく使われる手法だが、“カメラを中心に向けながら円を描く”という飛行は機体の左右移動と回転をうまく調節する必要があり、手作業での操縦はとても難しい。Phantom 4は、それを自動でこなしてくれるのだ。

  任意の点を中心にして、その点を撮影しながら自動的に円を描いて飛行するポイント・オブ・インタレスト機能。アプリ上で回転方向と速度を設定するだけで、送信機を操作することなく円周飛行をしてくれる

  ポイント・オブ・インタレスト機能で撮影した動画


ポイント・オブ・インタレスト機能を実行しているところ
[画像のクリックで拡大表示]

 もう1つ便利な撮影機能が「アクティブトラック」だ。ライブビューで任意の被写体を指定すると、その物体が動いても自動で追尾して画面に収め続けるというもの。走る人や自転車などの被写体を追うのにとても便利な機能だ。

  カメラで捉えた物体を追い続けながら飛行するアクティブトラック機能。このPhantom4の飛行は、送信機を一切操作することなく、画像認識をしながら機体自身が判断して被写体を追いかけている

アクティブトラック機能を実行しているところ
[画像のクリックで拡大表示]