ガラスの壁面、光の壁、逆コーン状の秘密は

 まずは、外観。ロビー全体に広がるガラスの壁面「ガラスカーテンウォール」を見ながら、デザインや構造について解説があった。この壁は単にガラス板が並んでいるだけではなく、全体がフラクタル曲線(雲や海岸線など自然界にある複雑な形を同じパターンの図形で表したもの)を描いていたり、実は垂直面と水平面でできているということ。さらに水平面は人が拭いていること、垂直面は機械が掃除しているのだけど、その掃除機械がスパイダーと呼ばれていて本当に蜘蛛の絵が描いてあることなど、ガラスの壁面一つでも面白い話がたくさん聞けた。

この水平に設置されたガラス、通称ルーバーの表面の水玉模様が、建物の中に入る日光の光や熱を和らげているのだそうだ
[画像のクリックで拡大表示]

 正面に回って、円すい形の入り口へ。入り口の前にある円盤のような建物は実は傘立てが並ぶスペースなのだ。これらの独特のデザインを見たら、館内へ。ロビーでは、この建物の意匠を担当した黒川紀章氏についての解説があった。この美術館は黒川氏の生前に開館した最後の大規模美術館なのだそうだ。黒川氏はレストランやロビーなど、人が行き来して交流するスペースを重視していた。その考えに基づいて、ロビーは途中に柱がない構造にして広々とした空間を作り出し、レストランは全体を見渡せる吹き抜けの最上階に位置している。

 この広いロビーを確保しつつ、上部にレストランを設けるための工夫として、ロビーには大きな逆円すい形のコーンがある。このコーンの最上階がレストランになっていて、下は十分なスペースが取れるという仕掛けなのだ。また、レストランの下、コーンの中には厨房がある。ムダのない設計だ。

美術館入り口にあたる円すい形のデザインは、入り口を分かりやすくするためのもの。円すい形は黒川紀章氏の得意とするモチーフでもある。手前の円板状の建物は、何と傘立てのためのスペースである。傘立てがずらりと並ぶ
[画像のクリックで拡大表示]
周囲は緑が多く、近隣の建物との間に敷居を設けず、開放的なムード
[画像のクリックで拡大表示]
ロビーの向こう側に大きな逆円すい型のコーンが見える。この形状が、上部にレストランを配置しつつ、ロビーの広々とした空間も確保するアイデアだ。コーンの下部はショップになっている
[画像のクリックで拡大表示]

 2階では、館内を照らす照明が壁になっている「光壁」の説明を受け、床から風が吹き出すようになっている空調などを見学。また、2階にあるカフェが、映画『君の名は。』に登場したことで人気になっていること、展示室の概要などの話もあった。本来のツアーでは展示室の中も見学できるのだが(ツアーは展示室から始まる)、今回は全展示室が使用中だったので、写真による解説のみ。しかし、この展示室の仕組みはなかなか面白いので、ぜひ本番の建築ツアーで体験してほしい。

国立新美術館は天井がとても高いため、上からの照明では足下まで届かない。そこで壁面全体が照明になっているのだ。この「光壁」、デザインは日本の行灯(あんどん)をモチーフにしているそうだ
[画像のクリックで拡大表示]
照明同様、空調も天井からでは風が行き届かないので、国立新美術館では館内、展示室ともに、空調の送風口は床にある
[画像のクリックで拡大表示]
映画『君の名は。』にも登場した2階のカフェ。映画と同じ座席を希望する人も多いそうだ
[画像のクリックで拡大表示]