愛用の1本のために「dunn one pencover」

ロンド工房「<a href="http://www.dunn.jp/items/3260398" target="_blank">dunn one pencover</a>」2160円(税込)。サイズはW145×H30×D1mm、重さ約5g
ロンド工房「dunn one pencover」2160円(税込)。サイズはW145×H30×D1mm、重さ約5g
[画像のクリックで拡大表示]

 薄い革を使ったプロダクトブランド「dunn」(uの上にウムラウトが付く)の、1本用ペンケースというか、ペンカバーだ。ほとんど、革でできた“筆記具の服”といった趣で、普段使う筆記具を1本だけ持ち歩く際に、むき出しだと気になるけれど、わざわざケースに入れるほどでもない、といったときに使える。

 重さはなんと5g。愛用の1本をポケットに入れる際に、ちょっと外側を保護できるうえ、ケースに入れてほどほどに存在感を出しておけば、置き忘れや肝心なときに持っていることを忘れる、といったトラブルを避けられる。

ペンを入れたところ。革なので高級筆記具を入れてもさまになる
ペンを入れたところ。革なので高級筆記具を入れてもさまになる
[画像のクリックで拡大表示]
パーカーの「デュオフォールド ビッグレッド」くらいの万年筆も収納可能
パーカーの「デュオフォールド ビッグレッド」くらいの万年筆も収納可能
[画像のクリックで拡大表示]

 最近のボールペンではインクが漏れてポケットが汚れるといったトラブルはまず見なくなった。しかし、筆者は先日、ポケットの中の糸くずがノック式ボールペンのペン先の穴の中に入り込んで、その糸くずを伝ってポケットにインクが付いてしまった、という事態に遭遇した。このペンカバーに入れておけば、その危険も回避できたかもしれない。もちろん、机の上での転がり防止にも役立つ。色はブルーブラック、レッド、コバルトブルー、ライラックから選べるので、使用するペンに合う色を選んで装着する楽しみもある。

カラーバリエーションは4色。左からレッド、コバルトブルー、ブルーブラック、ライラック
カラーバリエーションは4色。左からレッド、コバルトブルー、ブルーブラック、ライラック
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/納富廉邦)