薄さ自慢、旅行に最適「dunn passport & pen case」

ロンド工房「<a href="http://www.dunn.jp/items/3260259" target="_blank">dunn passport & pen case</a>」(7344円)。サイズはH92×W206×D2mm、重さ30g
ロンド工房「dunn passport & pen case」(7344円)。サイズはH92×W206×D2mm、重さ30g

 とにかく薄いけれど、しなやかで十分な強度を持つ革を使ったプロダクトを提供するブランド「dunn」(uは上にウムラウトが付く)。ドイツ語で「薄い」という意味の言葉を、そのまま名前にしたロンド工房のブランドが、その素材の薄さと軽さを生かして製作したペンケースだ。

 名前の通り、マチ付きのファスナーで開閉するペンケースのサイズを、パスポートが入る大きさにして、平たい形状で持ち歩くように設計している。平たい長方形の薄マチ型ペンケースというのは、かつて、透明だったりメッシュだったりのビニール製通帳入れなどによくあったデザインだが、それが革で作られていることで、大人が旅に持ち歩くのに最適なペンケースになっている。

カラーバリエーションは左から、コバルトブルー、ブルーブラック、レッド、ライラックの4色
カラーバリエーションは左から、コバルトブルー、ブルーブラック、レッド、ライラックの4色

 旅行用のペンケースというのは、ありそうでなかったジャンルだ。携帯性の高さを「旅行用」とすることはあったが、“パスポートを出すときに筆記具も必要”という視点で作られているのは珍しい。まあ、発想の視点としては印鑑が入る通帳ケースと同じようなものなので、形状が似たのは偶然ではないのかもしれない。ともあれ、メモやパスポート、名刺などを一緒に入れられるペンケースというのは、実際に使ってみるとかなり実用的なのだ。

薄いけれど、パスポートが入る幅があるので、収納力もかなりのもの
薄いけれど、パスポートが入る幅があるので、収納力もかなりのもの
内部はシンプルだが、開口部に凹凸がなく、とても扱いやすい
内部はシンプルだが、開口部に凹凸がなく、とても扱いやすい
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ 愛用の1本のために「dunn one pencover」