日立アプライアンス(以降、日立)は、2016年7月23日にサイクロン式掃除機の新モデル「パワーブーストサイクロン CV-SD900」を発売する。

「パワーブーストサイクロン CV-SD900」(実勢価格9万円前後)。カラーはルビーレッドのほかにシャンパンゴールドがある
[画像のクリックで拡大表示]

 吸引力は440Wで、2015年のモデルから10W向上。主な改良点として、ヘッドの操作性を高め、ダストケースの取り扱いやすさの見直しを行った。

ヘッド前面に開いている隙間から空気を取り込む
[画像のクリックで拡大表示]

 一般的に、掃除機は吸い込みの力が強くなるとヘッドが床に貼り付きやすくなるといわれている。そこで日立は、ヘッドの上部から取り込んだ空気を床に向かって吹き付けることで貼り付きを抑える「ジェット吸引 スマートヘッド」を開発し、2015年モデルから採用している。

 CV-SD900にはヘッドを壁にぴったりと付けたときに前側から床面を通って空気が流れる「きわぴた」構造を新たに追加。これにより、壁際のごみも取り残すことなく吸い込めるようになったという。