長袖シャツに長ズボン、虫除け剤の使用で予防

 そして、CDCは以下のように、蚊に刺されないための手順を示します。

[1]長袖シャツと長ズボンを着用する(暗い色の服は避けて明るい色の服を着る)

[2]蚊が室内に入らないように、窓やドアを閉めてエアコンを利用する

[3]蚊の卵を除去するために、週に1度、花瓶や植木鉢の受け皿から水を捨てる

[4]蚊は中庭の家具の下などの暗い、湿気の多い地域で休む。ラベルの指示に従って殺虫剤で蚊を退治する

[5]海外旅行など、自宅のように蚊が予防できない場所で過ごすときは、蚊帳を利用する

[6]自分に適した虫除けを探す

男性がジカ熱と診断されたら6カ月間は性交渉をしない

 さらに、ジカ熱が拡大しないように、以下の警告もしています。

【1】流行地域に旅行する男性で、パートナーが妊娠中の場合、性行為にコンドームを正しく使用する。男性がジカ熱と診断された場合、カップルはコンドームを使用するか、症状開始後少なくとも6カ月間は性交渉をしないことを検討する必要がある。男性がジカ熱の発症がない場合、カップルはコンドームを使用するか、男性が帰国した後、少なくとも8週間は性交渉をしないことを検討する必要がある。

【2】流行地域から帰国後は、感染症の症状がない場合でも、3週間はジカ熱の拡散を防ぐために、蚊に刺されないように注意する。

【3】蚊がいる地域に住んでいる人は、蚊帳、虫除け、そしてコンドームなど独自の感染予防キットを備える。
■参考文献
CDC「What we know
>

次ページ 蚊は地球上の他の動物より、多くの人類を殺している