GoProを7台使ったカメラで撮影

 配信している360度動画の撮影には、GoProのアクションカメラを7台組み合わせた独自のカメラシステムを使っている。一般的に360度撮影をする場合は6台組み合わせることが多いが、映像のつなぎ目を目立たないようにするために7台使うことにしたという。

 360度動画の撮影時にも、出演者が各カメラのなるべく正面に映るようにして、映像のつなぎ目に顔が入らないように注意するなど、独自のノウハウが数多くあるという。

撮影に使われている、GoProを7台組み合わせて作った独自の360度撮影カメラ。持ってみるとコンパクトで軽い。これをスタンドに固定して撮影している。音声はマイクを別に立てて録音している
撮影に使われている、GoProを7台組み合わせて作った独自の360度撮影カメラ。持ってみるとコンパクトで軽い。これをスタンドに固定して撮影している。音声はマイクを別に立てて録音している
[画像のクリックで拡大表示]

思わず身体が反応しちゃう興奮の視聴体験

 この360Channelを早速体験してみた。体験に使ったのは、サムスンのスマートフォン(Galaxy S6/S6 edgeなど)を取り付けてVRを体験する機器「GearVR」だ。すでに市販されていて実売価格は1万5000円前後。

 6つのチャンネルのうち、とにかくまず体験してみたかったグラビアアイドルが出演するバラエティー番組を視聴してみた。番組はスタジオの一室で、中央の机の上にカメラが設置され、そこを出演者が取り囲んでいる。頭を動かして周囲を見渡すと、どの向きにも出演者がいる。頭を上下に動かすと天井や足元も見える。目を凝らしてみても映像のつなぎ目は全く分からず、自分が動画の中にいるような、その場に自分がいるような臨場感がある。

 映像が切り替わってグラビアアイドルが目の前に寄ってきたり隣に座ったりといった視点になると、本当にすぐ側にいるように感じて思わず誘惑されてこちらも身体が動いてしまう。以前に「PlayStation VR」向けコンテンツの「サマーレッスン」を体験したことがあるが、その実写版のような感じだった。

Gear VRを使ってVR視聴を体験してみた。VR用HMDで視聴していると、リアルすぎて思わず身体が反応してしまう
[画像のクリックで拡大表示]
Gear VRを使ってVR視聴を体験してみた。VR用HMDで視聴していると、リアルすぎて思わず身体が反応してしまう
[画像のクリックで拡大表示]
アクセスするとメニューが表示される。操作は見たいチャンネルや番組を選ぶだけだ (c) 2016 360Channel, Inc.
アクセスするとメニューが表示される。操作は見たいチャンネルや番組を選ぶだけだ (c) 2016 360Channel, Inc.
[画像のクリックで拡大表示]
おそらく世界初という、360度動画バラエティー番組。普通のテレビやスマホでは味わえない、相手が目の前やすぐ隣にいるような感覚がグっとくる (c) 2016 360Channel, Inc.
おそらく世界初という、360度動画バラエティー番組。普通のテレビやスマホでは味わえない、相手が目の前やすぐ隣にいるような感覚がグっとくる (c) 2016 360Channel, Inc.
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ 「ANA機体工場」を360度の視点で見学する