女性を開発チームのリーダーに抜てき

 2016年の10月、めく~るの開発が本格的にスタートした。ここで開発チームのリーダーに抜てきされたのは、ゲーム開発経験の少ない女性スタッフの角川千里さんだった。ゲーム開発のベテランたちの「ゲーム開発のボスは、企画を出した者がやるのがベストだ!」という声が後押ししたという。角川さんは開発スタート時をこう振り返る。

 「もともと『めく~る』の母体は、私が昔社内コンペに提出した企画でした。ブレインストーミングのようなもので、特定のゲーム機を想定していたわけではありません。それを社の人たちが覚えていて、Nintendo Switch向けのゲーム企画にすることが決まったんです」(角川さん)

コンテンツプロデュース部ディレクショングループ東京のグループリーダー・角川千里さん。『バトルスポーツ めく~る』の企画者であり、開発のリーダーに抜てきされた
[画像のクリックで拡大表示]

 社内の開発スタッフはおよそ10人。デザイナーなど外部に委託しているスタッフも含めると20人前後のチームだ。数百人が開発に携わる超大作ゲームに比べると小さなユニットとはいえ、社をあげてのゲーム開発のリーダーに若い女性が抜てきされるというのは、実はゲーム業界では極めて珍しい。

 とはいえ角川氏自身に気負ったところはない。また「女性ならではの視点で」といった言葉を一度も口にすることなく、ただ面白いゲームを作るというスタンスでインタビューに答える姿が印象的だった。子どもの頃から当たり前のようにゲームに接し、当たり前のようにゲーム作りの現場に入った角川さんを、周囲のベテランスタッフも、ごく自然に開発現場のリーダーに抜てきし、サポートするという空気なのだ。

 「新ハードということで、情報漏洩に関するルールが厳しかったことが一番大変でした。今年3月にNintendo Switchの発表会が行われるまで、厳重なセキュリティールームのある札幌の開発室にこもる生活を送っていました」(角川氏)