「キレ」の違いで後味の印象が変わる

 ビールのコクはうまみであり、「芳醇や豊か」「しっかり」といった味わいの印象をもたらします。一方、キレは「すっきり」「軽やか」で飲みやすく、食中酒として食材の邪魔をせずに口内をリフレッシュさせてくれたりします。

 そもそも、一番搾りはどちらかといえばコクに重きを置く製品。うまみが特徴ですから、下記の棒グラフを見ても、コク(オレンジ色)のほうが目立つ形となっています。

[画像のクリックで拡大表示]

 これにキレが入ることによって、余韻や深みといった後味の印象が変わります。これまでの一番搾りがすっきりタイプや味わい深く余韻が残るタイプになったりして、味わい方がグッと広がるでしょう。特に東京や山形のようなコクもキレもあるタイプは食中酒に適し、鳥取のようなキレが弱くコクがしっかりタイプであれば一番搾りのホップのうまみを最も感じやすいでしょう。