日差しがどんどん強くなり、まぶしさだけでなく紫外線も気になりはじめる季節。特に紫外線は、肌の老化や皮膚がんの原因とされ、皮膚だけでなく目から侵入すると白内障などの眼病の原因のひとつとなったり、シミのもとであるメラニンの生成を助長するとも言われている。

 紫外線から目を守るために有用とされるのがUV(紫外線)カットのサングラスだ。

 毎年この時期になると、各社、たくさんの新製品が店頭に並ぶが、この春かなりユニークなサングラス「Choco Sun(ちょこサン)」が登場した。メガネやサングラスには当然あるはずの鼻あて(鼻パッド)がないのだ。

[画像のクリックで拡大表示]

 鼻あてがないサングラスやメガネは、実はこれまでにもあったが、ちょこサンは単に鼻あてがないだけではない。フレームのアームの「テンプル」の先に、耳にかけるための耳あて「モダン」があるが、それとは反対の前向きにも、もうひとつモダンがあることだ。

 この独特な形状のサングラスを製造・開発したのは、メガネの聖地とも呼ばれる福井県鯖江市に本社を構えるメガネメーカーのシャルマンだ。どんな経緯でこのようなユニークな形のサングラスが誕生したのか、企画開発を担当した船越博史氏に話を聞いた。

シャルマン 船越博史氏