肩を守るストラップ

オプテックUSA「S.O.S.ストラップ」4536円(税込み)
オプテックUSA「S.O.S.ストラップ」4536円(税込み)
[画像のクリックで拡大表示]

 S.O.S.ストラップは、カメラ用品というよりも、カメラバッグを含む重いカバン全般に使えるショルダーストラップの名品だ。オプテックUSAはカメラ用ストラップを主に製作している専門メーカー。そこが作ったロングセラーというだけでも、その性能が保証されているようなものだ。名称のS.O.S.は「Save On Shoulder」、つまり肩を守るの略。その名の通り、カバンの重さを軽く感じさせてくれるストラップだ。

 ストラップに付けられた大きめの肩パッドは厚さ5mmのネオプレーンを使用。それをしっかりとストラップと一体化させることで、肩にぴったりとフィットする伸縮性とクッション性を実現。特殊な樹脂素材と組み合わせることで、肩からズレない吸い付くような装着感があり、重さが肩全体に分散して掛かる。歩行時にもパッドがズレないため、カバンの重さに振り回されることがない。

この大きなネオプレーンのパッドが、肩への負担を大きく減らしてくれる
この大きなネオプレーンのパッドが、肩への負担を大きく減らしてくれる
[画像のクリックで拡大表示]

 筆者は、このストラップを長く愛用しているのだけれど、肩へのフィット感と滑り落ちない安定性で、重い荷物のときでなくても手放せないストラップになった。ショルダーバッグを購入する際は、このS.O.S.ストラップが使えるかどうかをまず確認するほどだ。

 もちろん、荷物をたくさん入れた重いカバンに装着して使う方がその快適性を実感できるのだが、すべり止めの強力さだけでも使ってみてほしいと思う。ストラップとしてはパッド部分がややゴツく幅が7cmあるので、目立たない方がよいという場合には、幅5.5cmのスリムタイプ(3996円)がある。

普通のD管などが付いたカバンなら、このストラップが使用可能
普通のD管などが付いたカバンなら、このストラップが使用可能
長さ調整も可能
長さ調整も可能

次ページ コンデジにぴったり、指で固定するストラップ