トレインファイブを完成させたのは何人?

 2日間かけて回ったスタンプラリー。この後、2018年3月17日に行われた5社相互直通運転5周年記念イベントで配られたスペシャルカラーパーツを加え、組み立てて完成した合体ロボがこちらです。

5路線合体 Fライナーロボ トレインファイブがついに完成!イベントで配られたのは背中の翼の部分のパーツで、通常はシルバーなのですが、スペシャルカラーはゴールドになっています。オリジナルペーパークラフトの5社合計引き換え者数は1万1312人。コンプリート賞ペーパークラフトの5社合計引き換え者数は1810人とのこと
5路線合体 Fライナーロボ トレインファイブがついに完成!イベントで配られたのは背中の翼の部分のパーツで、通常はシルバーなのですが、スペシャルカラーはゴールドになっています。オリジナルペーパークラフトの5社合計引き換え者数は1万1312人。コンプリート賞ペーパークラフトの5社合計引き換え者数は1810人とのこと
[画像のクリックで拡大表示]

 東京地下鉄 需要創出・マーケティング部の涌井信幸氏によると、各パーツ5000セット用意していたとのことですが、スタンプを全て集めた人がもらえるコンプリート賞ペーパークラフトの 5社合計引き換え者数は1810人。つまり、約1800人がこのトレインファイブのロボットを完成させたことになります。コンプリートした人の数としては多いような気がしますが、世界中に1800体程度しかないと考えると、なかなかレアなロボットといえるかもしれません。

 実際にスタンプラリーに参加して感じたのは、Fライナーの利便性。正直なところ、当初は「こんなに広い範囲では行くのが大変」と思っていたのですが、相互乗り入れ運転のおかげでスムーズに動けました。私はスタンプラリーが初めてだったうえ、街を散策しながらゆっくり回ったので、慣れている人なら1日で回れるのかもしれません。ただ、スタンプ台の設置時間が10〜17時ということを考えると、やはり最短でも2日が妥当なところだったのでしょうか。

 範囲を広げた理由について、涌井氏は「普段利用しない区間を使うことで、相互直通運転の利便性を知ってもらいたい」と説明します。おかげで私も、これまであまりなじみのなかった飯能や川越が思っていた以上に近いということを知ることができました。今後も5社共同で新しい企画を考えたいと涌井氏は話してくれました。

(構成/樋口可奈子)

安田美香
ホリプロのアナウンス部に所属。立教大学文学部卒業。日本大学大学院芸術学研究科にて、芸術学修士号取得。小学2年生の男の子と保育園年中の女の子の子育て中。1人目を出産後、”子育ての孤独”を感じた経験から「ホリプロ保育園」えんちょー、「3・3産後サポートプロジェクト」発起人などをつとめ、子育ての声を集め発信している。Jリーグ中継リポーター、TBSラジオ「伊集院光とらじおと」(水曜アシスタント)などに出演中。
ホリプロ保育園オフィシャルブログ http://lineblog.me/yasudamika/
安田美香オフィシャルブログ http://ameblo.jp/xanadu09/

[ 日経トレンディネット 2018年4月26日付の記事を転載]