急速に普及するドライブレコーダーの選び方とは

「セパレート型」のドライブレコーダー。レンズ部分と本体が分かれており、レンズ部分は小型だ。フロントガラスに取り付けてもカメラが目立たない反面、レンズ部分と本体部分の配線が増え面倒だ。写真はパイオニアの「ND-DVR1」(実売価格1万3000円)
閉じる