iCloudバックアップの方法は?

 iPhoneのデータをiCloudでバックアップするには、ホーム画面の「設定」→「iCloud」とタップし、Apple IDとそのパスワードを使ってiCloudにサインインしている必要がある。

 表示された画面で「iCloudバックアップ」をタップし、次の画面で「iCloudバックアップ」をオンにする。「iCloudバックアップを開始」というダイアログが表示されるので「OK」をタップする。

 これで、ユーザーがiPhoneを使用していないタイミングを見計らって、自動的にiCloudバックアップが行われるようになる。手動でバックアップする場合は、iCloudバックアップの画面で「今すぐバックアップを作成」をタップすればよい。

 自動でバップアップされる条件は以下の4つだ。

・iPhoneが電源に接続されている

・iPhoneがWi-Fiネットワークに接続されている

・ロック画面になっている

・iCloud上のストレージに、作成するバックアップ以上の空き容量がある


 手動でバックアップする場合は、電源に接続していなくても始められるが、途中でバッテリー不足にならないように、電源に接続しておいたほうが安全だ。また、初回のバックアップには時間がかかるが、2回目以降は変更や追加があった分(差分)のみのバックアップになるので、時間はかなり短縮される。

ホーム画面の「設定」→「iCloud」とタップしてiCloudにサインインする。表示された画面で「バックアップ」(1)→「iCloudバックアップ」(2)→「OK」(3)とタップするとiCloudバックアップがユーザーの使用していない時に自動的に行われるようになる。手動でバックアップするには「今すぐバックアップを作成」(4)をタップする
[画像のクリックで拡大表示]
ホーム画面の「設定」→「iCloud」とタップしてiCloudにサインインする。表示された画面で「バックアップ」(1)→「iCloudバックアップ」(2)→「OK」(3)とタップするとiCloudバックアップがユーザーの使用していない時に自動的に行われるようになる。手動でバックアップするには「今すぐバックアップを作成」(4)をタップする
手動でバックアップを開始した場合、表示が「残り時間を計算中」からしばらく経過すると「残り○時間」という表示になる。その後、バックアップが正常に行われると「前回のバックアップ(日時)」という表示になる
[画像のクリックで拡大表示]
手動でバックアップを開始した場合、表示が「残り時間を計算中」からしばらく経過すると「残り○時間」という表示になる。その後、バックアップが正常に行われると「前回のバックアップ(日時)」という表示になる

次ページ 容量が足りないときは……