1周年の大型アップデートで姿を変えるWindows 10

 Windows 10がリリースされたのは2015年の7月末で、無償アップグレード期限はそこから1年間に設定されている。期限が2016年7月29日までなのはそのためだ。そして無償アップグレード期限が終了する頃には1周年の大型アップデートが行われる。

Windows 10からは、Windows 7から8へのように数年置きにバージョンアップを行うのではなく、数カ月ごとに大型アップデートを行うことで進化させていく
Windows 10からは、Windows 7から8へのように数年置きにバージョンアップを行うのではなく、数カ月ごとに大型アップデートを行うことで進化させていく
[画像のクリックで拡大表示]

 Windows 10では、Windows Insiderプログラムと呼ばれる希望したユーザーが参加するテストプログラムが行われている。4月27日の時点で配布されているバージョンには、夏の大型アップデートで採用されそうな機能がいくつも実装されている。スタートメニューは大きく変更され、日本語入力IMEの機能が強化されたり、定規が使えるWindows Inkが実装されるなど、かなり多くの変更点が見られる。

スタートメニューは「よく使うアプリ」が最初から表示された状態になった。スタートメニューを開いてアプリを探す時に、「すべてのアプリ」をクリックする手間が省けることになる
スタートメニューは「よく使うアプリ」が最初から表示された状態になった。スタートメニューを開いてアプリを探す時に、「すべてのアプリ」をクリックする手間が省けることになる
[画像のクリックで拡大表示]
時刻をクリックするとカレンダーの下に予定表が表示されるようになった。アクションセンターも通知をまとめて表示するなど改良されている
時刻をクリックするとカレンダーの下に予定表が表示されるようになった。アクションセンターも通知をまとめて表示するなど改良されている
[画像のクリックで拡大表示]
目玉機能になりそうなWindows Ink。表示している画面やスケッチパッドに手書き入力できる。動作は軽快で滑らかだ
目玉機能になりそうなWindows Ink。表示している画面やスケッチパッドに手書き入力できる。動作は軽快で滑らかだ
[画像のクリックで拡大表示]
Windows Inkでは定規を利用できる。タッチ対応パソコン向きの機能で、定規の角度をタッチ操作で変えて直線や平行線を引ける
Windows Inkでは定規を利用できる。タッチ対応パソコン向きの機能で、定規の角度をタッチ操作で変えて直線や平行線を引ける
[画像のクリックで拡大表示]
「設定」画面左側の項目名に、アイコンが付くようになった。ひと目で機能が分かりやすくなっている
「設定」画面左側の項目名に、アイコンが付くようになった。ひと目で機能が分かりやすくなっている
[画像のクリックで拡大表示]
ロック画面で音声アシスタント機能のコルタナを使えるようになった
ロック画面で音声アシスタント機能のコルタナを使えるようになった
[画像のクリックで拡大表示]

 このほかにも多くの改良点があり、短時間だが使用してみて、これまでのWindows 10とはかなり別物に感じられた。夏のアップデートはこうした要素を盛り込んだ大掛かりなものになりそうだ。Windows 10へのアップグレードを無理にする必要はないが、アップグレードするとこうした新機能を盛り込んだWindows 10を利用できるようになる。無償アップグレードの期限まで残り約2カ月だが、アップデートするかどうか迷っている人はさらに迷うことになりそうだ。

(文/湯浅英夫=IT・家電ジャーナリスト)

関連リンク