Windows 10の大型アップデート「Creators Update」が4月11日より始まり、すでに試している人もいるだろう。ここでは、Windows 10の今さら人に聞けない基本ワザ、知っていれば効率アップできて自慢できる(かもしれない)便利ワザを紹介する。「設定」の開き方など基本中の基本ワザだ。

Windows 10は、アップデートで変化し続けるコンセプトのOSだ。操作方法も最新情報を押さえておこう
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、ワザの内容と画像は、すべてCreators Updateに準拠しているので、まだアップデートしていない場合は操作が一部異なる可能性がある。

「設定」を開く

 Windowsで何か設定をするときは「コントロールパネル」を開くのが当たり前だったが、Windows 10では「設定」で多くの設定ができるようになった。この「設定」の開き方をまず覚えよう。

 コントロールパネルもまだ残っているが、アップデートのたびにコントロールパネルから「設定」に設定項目が移動している。将来的には、一般ユーザーが扱う設定項目のほとんどが「設定」に集められそうだ。

タスクバーから「アクションセンター」を開いて、「すべての設定」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
または、スタートメニューで歯車型の「設定」アイコンを開く
[画像のクリックで拡大表示]
「設定」が開く。Creators Updateで「ゲーム」など項目が増えた
[画像のクリックで拡大表示]