世界遺産「熊野古道」の分岐点

 紀伊半島の南西部に位置し、県の4分の1の面積を占める和歌山県田辺市。古くは紀南地方の交通の要衝地として栄え、龍神温泉、湯の峰温泉などの温泉郷に恵まれるほか、みかんや梅などの果樹産地としても有名だ。日本最初のエコロジスト、南方熊楠が後半生を過ごした地でもある。

 熊野古道の主要ルートである中辺路は、市内を東西に横断。JR紀伊田辺駅を降り、市街地から山中へと分け入り、熊野本宮大社へと辿るコースが一般的だ。そのため、2004年に世界遺産に登録されたのを機に観光客数が飛躍的に増加。2003年に262万人だったのが2015年には381万人を超えた。

 さらに2016年10月には、市内の鬪雞神社と熊野古道の4箇所が世界文化遺産に追加登録された。さかのぼって2015年12月には、梅産地の「みなべ・田辺の梅システム」が世界農業遺産に認定。ふたつの世界遺産がある街として、田辺市への注目度は年々高まっている。

 秋津野ガルテンは、そんな観光資源に恵まれた地域にある。

 運営するのは、田辺市上秋津地区の農家と住民489人が出資して設立した農業法人「株式会社秋津野」。関連会社には、農産物直売所を運営する「株式会社きてら」があり、同じく住民31人がひとり10万円を出して1999年に立ち上げた。

 通常、直売所や加工所など農業関連事業は、行政からの委託やJAの直営が多い。ところが、上秋津地区は国や自治体からの補助金だけに頼らず、農業と地域の活性化に成功したのだ。成功要因について、秋津野の玉井常貴社長は「早くから地域でソーシャルビジネスを実践したことが大きい。農業が元気でなければ地域も元気にならないと考え、みかんなど地域資源と人材を生かしながら、積み上げ方式で地域づくりに取り組んできた」と話す。

 地域のことは住民が考えて決め、自ら実行する。都市と農村の交流施設「秋津野ガルテン」は、まさに、秋津野の住民が取り組んだソーシャルビジネスの象徴として誕生した。

1953年に建てられた旧上秋津小学校の木造校舎。地域づくりの研修やみかんなどについて学べる体験棟として利用している。受付は当時の職員室で
[画像のクリックで拡大表示]
校舎に一歩足を踏み入れると、そこには懐かしい昭和の小学校の光景が広がり、ノスタルジック感満載
[画像のクリックで拡大表示]
木の廊下や机が並ぶ教室で耳を澄ますと、元気な子供たちの声が聞こえてきそう
[画像のクリックで拡大表示]
秋津野塾の中心メンバーとして地域づくりに尽力し、調整役を担いながら農業法人の経営を軌道に乗せてきた秋津野の玉井常貴社長
[画像のクリックで拡大表示]