調査会社のGfKが発表したスマホ&携帯電話の最新販売ランキングを見ると、6位までアップルのiPhoneシリーズが占めており、日本では最新モデルのiPhone 7が人気を集める。5位には、ワイモバイル扱いのiPhone 5s(32GB)が、10位には同じワイモバイル扱いのiPhone SE(32GB)もランクインし、価格やサイズを重視する人にも支持されていることが分かる。

iPhoneは、4型液晶の「iPhone SE」、4.7型液晶の「iPhone 7」、5.5型液晶の「iPhone 7 Plus」の3ラインアップを用意。画面の大きさや見やすさ、本体サイズや本体価格の違いで自由に選べる
[画像のクリックで拡大表示]
スマホの販売ランキング(2017年3月20日~4月16日、GfK調べ)。iPhoneシリーズがランキングの上位を占めている

 iPhoneが選ばれる理由として、「ケースやカバーの種類が多く、好みに合うものが見つけやすい」「メールアドレスやLINEを交換せずに写真などのデータがワイヤレスで送れるAirDropが便利」といったAndroidにはないメリットが挙げられることが多い。だが、これ以外にもiOSとAndroidではさまざまな違いが存在する。スマホ選びの際、忘れずに着目したいポイントをまとめた。