格安スマホユーザーと連絡を取るには

 もっとも、災害用伝言版や災害用音声お届けサービスは、あくまでワイモバイルを含む大手キャリアの携帯電話・スマートフォンからしか利用できない。最近ではMVNO(仮想移動体事業者)が提供する格安スマホ・格安SIMをメインとして利用している人も増えている。そうした人たちと連絡を取るには、どうしたらいいのだろうか。

 その場合は、NTT東西が提供する「災害用伝言版(web171)」を活用するのがいい。こちらも大手キャリアの災害用伝言版同様、電話番号とメッセージを登録しておくことができ、確認したい相手の電話番号を入力して検索することで、メッセージが確認できる。何よりキャリアを問わず利用できるので、MVNOのサービスを使っている人であっても安心して利用できるのがポイントだ。

NTT東西が提供する「災害用伝言版(web171)」。キャリアの災害用伝言版が利用できないMVNOの利用者は、こちらを利用するのがいいだろう
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、大規模災害発生時はさまざまなトラブルが発生することから、被災者が携帯電話を持たずに避難した、あるいは避難途中で携帯電話をなくしてしまったなどの理由で、直接連絡を取ることができないケースも十分考えられる。

 そうした場合は、被災者の安否情報が多数登録されている「Googleパーソンファインダー」を参照するといいだろう。こちらは名前を入力することで相手の検索が可能なので、どうしても連絡が取れない相手の安否を知る上で大いに役立つ。

携帯電話などで直接連絡が取れない場合は、「Googleパーソンファインダー」で安否を確認することもできる
[画像のクリックで拡大表示]

 被災地に親類や友人が多く暮らしているので、多くの人の安否を確認する必要がある場合は、NTTレゾナントの「J-anpi」を使うのもいい。これを使えばキャリアの災害用伝言版やGoogleパーソンファインダーなどから、被災者に関する情報をまとめて検索できるので便利だ。

「J-anpi」を使えば、キャリアの災害用伝言版やGoogleパーソンファインダーに登録された情報をまとめて検索できるので便利だ
[画像のクリックで拡大表示]