ベストな連絡手段は……

 では一体、災害発生直後に安否確認や連絡を取りたい場合は、どのような手段を用いるべきか。やはり被災地のネットワークに負担をかけない方法を取るのがいいだろう。

 相手がインターネットを使っておらず、電話で連絡が取りたい場合は「災害伝言ダイヤル」を利用するのがいい。これはNTT東西が災害時に提供しているサービスで、災害時に「171」に電話をかけることで、伝言を録音したり、録音された伝言を聞いたりできるもの。後述する災害用伝言版(web171)と連携し、パソコンなどから伝言の音声を聞くことも可能だ。

 相手がインターネットに接続できる手段を持っているなら、連絡手段の幅は広くなる。最もスタンダードな方法は、NTTドコモやKDDI(au)、ソフトバンク(ワイモバイル含む)が提供している災害用伝言版を利用することだ。

災害用伝言版は携帯電話大手3社が提供している。テキストで伝言を登録しておくと、電話番号を基に相手がその伝言を検索できる仕組みだ
[画像のクリックで拡大表示]

 携帯電話やスマートフォンで各キャリアのウェブサイトにアクセスすると、大規模災害時には災害用伝言版へのリンクが現れる。そこから災害用伝言版にアクセスし、テキストでメッセージを登録したり、電話番号を基に相手のメッセージを検索・確認して連絡を取り合えるわけだ。

携帯電話やスマートフォンからキャリアのサービスのトップページにアクセスすると、大規模災害発生時は災害用伝言版へのリンクが現れる
[画像のクリックで拡大表示]

 また、これは大手キャリア(ワイモバイル含む)のスマートフォンや、対応するフィーチャーフォンに限られるが、「災害用音声お届けサービス」を使うことで、音声によるメッセージを届ける方法もある。このサービスを使って音声を録音すると、SMSで相手にメッセージが通知されるので、いつ、誰がメッセージを残しているのかも確認しやすい。

「災害用音声お届け」サービスを使えば、音声によるメッセージを相手に届けることも可能だ
[画像のクリックで拡大表示]