熱を加えることなく物理的に日本酒を濃縮し、アルコール度数を約2倍にした世界初の酒「concentration 作 凝縮 H」(以下「凝縮 H」)が、2017年3月に発売された。

 販売元は三重県鈴鹿市にある、1869年(明治2年)創業の酒蔵・清水清三郎商店。三菱ケミカルと共同で開発を進め、同社が開発した「ゼオライト膜 KonKer(以下、ゼオライト膜)によって同蔵の純米酒「作 穂乃智」のアルコール度数 を30 度までアップさせた。

 醸造酒は発酵によってアルコールやうまみ、香り成分を生み出す酒。だが発酵のみでアルコール濃度を高めるには限界がある。蒸留酒は加熱で濃度を高めることができるが、熱によってうまみや香り成分が変性してしまうことも多い。

 そこで、三菱ケミカルは水とアルコールの分子の大きさの違いに着目。結晶構造の中に分子サイズの細かな穴がたくさんある鉱物の一種「ゼオライト」を通すことで、水分だけを除去することに成功したという。「三菱ケミカルが開発したということで『化学反応を使って濃縮している』と誤解されがちだが、分子の大きさの違いを利用した純粋に物理的な作用で、水分子だけを取り除いた。アルコール分が濃縮されているだけでなく、『作 穂乃智』がもつうまみや香り成分も2倍に濃縮されている」(三菱ケミカル 機能化学本部の和賀昌之本部長※所属部署名は取材時)。

 日本酒を濃縮し、アルコール度数30度にした新しい酒は、いったいどんな味がするものなのか。新商品発表会兼試飲会で実際に体験した。

ゼオライト膜で約2倍に濃縮した度数30度の「concentration 作 凝縮 H(375ml)」(5000円)。酒税法上、22度以上の酒は日本酒にカテゴライズされないため、瓶のラベルには「雑酒」と記載されている
[画像のクリックで拡大表示]
三菱ケミカルグループが開発したゼオライト膜「KonKer(コンカー)」
[画像のクリックで拡大表示]
コンカーを使用してエタノールを濃縮した場合のモデル図。セラミック基材の上にゼオライトを膜状に形成したもので、見た目は単なるパイプのよう。液体を満たした容器の中にそのパイプを入れ、パイプの中を真空にすると、外側の液体から水分だけが中に引き込まれる。外側にはその液体の成分が濃縮されて残る
[画像のクリックで拡大表示]