アマゾンジャパンは2017年4月18日からAmazonプライム会員向けの即時配達サービス「Prime Now」を拡充した。ドラッグストアのココカラファイン、マツモトキヨシ、百貨店の三越日本橋本店と提携し、これらの店で扱う商品もPrime Nowの対象にした。化粧品やサプリメント、惣菜、和洋菓子など約1万1000点が追加され、都内対象エリアにおけるPrime Nowの取り扱い商品は最大7万点以上になった。

店舗との提携によって増えた商品の例。ココカラファインやマツモトキヨシは化粧品やサプリメント、ベビー用品などを提供する
[画像のクリックで拡大表示]
三越日本橋本店の取り扱い商品には寿司などの惣菜、生鮮食品も含まれる
[画像のクリックで拡大表示]

 Prime Nowは、専用のスマートフォンアプリで税込み2500円以上の注文をすると、注文から1時間以内(「1時間以内配送」)、または2時間単位の指定した配達時間(「2時間便」)に商品を届けてくれるサービス。現在は、東京都、神奈川県、千葉県、大阪府、兵庫県の一部地域で実施している。

 今回追加された提携店の配達可能エリアはこれより狭く、店舗によって異なる(対象エリアの確認はこちら)。また、送料は、これまでのPrime Now対象商品だと1時間以内配達が890円、2時間便が無料だったのに対し、それぞれ890円、540円がかかる(注文金額によっては無料になることもある)。