2018年3月15日、東京・渋谷に宿泊施設「The Millennials Shibuya(ザ・ミレニアルズ シブヤ)」が開業した。特徴は、宿泊スペースに鍵がかからない「男女混合フロア」があることだ。

「The Millennials Shibuya」(東京都渋谷区神南1-20-13)。延べ床面積1361.28平方メートル。客室数120。客室単価は6000円前後。同施設運営するのはグローバルエージェンツ(東京都渋谷区)。同社はこれまでに宿泊施設を4棟展開しており、ミレニアルズブランドの施設は2017年7月に京都にオープンした1号店につぐ2号店目となる 
[画像のクリックで拡大表示]

 ミレニアルズは旅館業法においては「簡易宿所」に分類される。カプセルホテルと同じ位置づけになるが、6フロアある宿泊フロアのうち4フロアを「オールジェンダー」と名付け、男女問わず利用できるようにしている。一般的なカプセルホテルは安全面を理由に男女別のフロアにする施設が多いが、なぜこのような仕様にしたのだろうか。

男女混合グループやカップルから好評

スマートポッドは各階20室。タオル、歯ブラシなどのアメニティーは無料で提供されるが、パジャマは必要な人だけが有料でレンタルする仕組み
[画像のクリックで拡大表示]

 男女混合フロアを設けた理由について、施設を運営するグローバルエージェンツ(東京都渋谷区)は「海外からの利用客は男女混合グループも多い。また、男女のカップルからも隣り合わせた宿泊スペースが使えると好評」と同社の担当者は話す。安全面に配慮してフロア内に防犯カメラを設置しているが、気になる人は女性専用フロアを利用するといいだろう。