高速読み出しを利用したもう1つの新機能「Predictive Capture」は、撮影時に動体を検出した場合、シャッターボタンを押した瞬間からさかのぼって4枚の画像を保存し、ベストショットの撮影を補助する機能だ。被写体の動くスピードに応じて撮影間隔を自動でコントロールしており、高速で動く被写体ならば撮影間隔を狭めて高速連写をすることでベストショットを逃さないようにする。

シャッターボタンを押した直前にさかのぼってシャッターチャンスを得られる「Predictive Capture」。動体を検出すると、画像を自動でメモリーに蓄積する仕組みだ
シャッターボタンを押した直前にさかのぼってシャッターチャンスを得られる「Predictive Capture」。動体を検出すると、画像を自動でメモリーに蓄積する仕組みだ
[画像のクリックで拡大表示]
人形が飛び出すおもちゃを撮影。シャッターを切ったタイミングで撮影できたのは、すでに人形が飛び出している右下の写真だ
人形が飛び出すおもちゃを撮影。シャッターを切ったタイミングで撮影できたのは、すでに人形が飛び出している右下の写真だ
[画像のクリックで拡大表示]
Predictive Captureを使うと、人形がまさに飛び出した瞬間にさかのぼって写真が保存できる
Predictive Captureを使うと、人形がまさに飛び出した瞬間にさかのぼって写真が保存できる
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ 直前の写真を表示しながら撮影できる超ワイド液晶搭載の「LG G6」