設置は簡単、ドアに貼り付けるだけ

 次に、Qrio Smart Lockの設置手順や使い勝手を見ていこう。

 まずは、ドアへの本体取り付け。Qrio Smart Lockにとって、設置の簡単さは導入のハードルを下げる魅力のひとつだ。

 手順は、端的に言えば「本体を両面テープでドアに貼り付けるだけ」。形状が特殊でなければ、5分とかからずに設置は完了する。工具も必要ないので、誰でも簡単に取り付けられるはずだ。

 サムターン部分が大きく出っ張っているドアでも、付属の「高さ調整プレート」を取り付ければ設置は可能。さらに、サムターンの形状に合わせたホルダーパーツも3種類用意。幅広いメーカーの鍵に対応し、多くのドアに設置できる点も魅力のひとつといえる。

本体に両面テープと、サムターンの形状にあった付属ホルダーを取り付ける。ホルダーがサムターンのツマミ部分にはまる位置で張り付け、最後にカバーを取り付ければ設置完了だ
[画像のクリックで拡大表示]
3種類のサムターンホルダーと2段分の高さ調整プレートを付属。そのほか、電源となるCR123A電池×2個や取り付け用両面テープ×2枚も付属する
[画像のクリックで拡大表示]

 スマホ側には専用アプリ「Qrio Smart Lockで世界中の鍵をスマートに!」(iOS/Android対応)をインストールする。スマホと本体はBluetoothで連動。アプリを起動したら本体を認識させ、鍵の解錠位置と施錠位置を設定すれば準備は完了する。アプリ側の設定も画面に沿って進めればよいので簡単だ。

操作して2〜3秒で鍵を解錠

 では、実際の使い勝手はどうだろうか。まず、スマホとQrio Smart Lock本体の通信距離はだいたい5m前後。範囲に入ると自動的に接続するので、普通に歩いてきてドアの前に立てばすぐに操作できる感じだ。

 鍵の解錠・施錠は、アプリ画面下部のボタンをスライドさせて行う。操作すると2〜3秒程度で鍵が開いた。驚きのレスポンスとはいかないが、実用には許容範囲だろう。

 もちろん通信エラーがあると時間が延びたり動作しなかったりというケースもあるだろうが、筆者が使ったなかではそういったケースはほぼなかった。

専用アプリ「Qrio Smart Lockで世界中の鍵をスマートに!」のメイン画面。画面下のボタンを左右にスライドさせて解錠・施錠を操作する

 スマートウォッチでの反応も基本的にはスマホと同じ。こちらも、スマートウォッチで解錠・施錠を操作すると2〜3秒で動作してくれた。スマホを取り出す手間がないぶん、手軽さではこちらのほうが上。スマートウォッチユーザーはぜひとも活用してほしい。

スマートウォッチの場合は、ドアの前でアプリを起動して解錠または施錠のボタンをタップすればOK
[画像のクリックで拡大表示]