客室内のロボットはじゃんけんもできる

 だが施設面では、はっきりとした進化を感じた。一番は何といっても、朝食専用のレストランが併設されたこと(ハウステンボスではドリンクを提供するカフェスペースと、簡単なフードの自動販売機しかなく、食事は外に出なければならなかった)。舞浜の周囲が住宅街で、飲食施設がほぼ皆無なこともあるのだろう。また客室の設備も格段に充実していた。ハウステンボスではテレビも冷蔵庫も電話もパジャマもないビジネスホテル仕様だったが、舞浜の客室にはすべてが完備されている(ただし電話は内線のみ使用可能)。

 ハウステンボスで各客室に設置されているコンシェルジュ・ロボット「ちゅーりーロボ」は、舞浜ではAI搭載のコミュニケーションロボット「Tapia」にチェンジ。機能が進化し、より高度なサービスができるようになっているという。音声コマンドによって室内の照明やテレビ、エアコンのオンオフや設定変更、ゲーム、天気予報や占い、ニュースの音読などをしてくれるほか、じゃんけんをして遊ぶことができるとのこと。簡単なことのように思えるが、「グー、チョキ、パーの人の手の形を学習している」「こちらが出した手の形を認識する機能がある」のは画期的なことだという。

 またチェックイン時に希望すれば、スマートフォンを使ってVR体験ができる段ボール製のゴーグル「ハコスコ」を貸し出す。それを使えば、客室内で恐竜の世界を360度見渡せるVR体験ができる。

 チェックイン・チェックアウトの恐竜ロボットが多言語対応(日本語・英語・中国語<簡体>・韓国語)になったこと、名前の確認を音声認識でできるようになったことも進化。とはいえハウステンボス同様、作業のほとんどはタッチパネルの指示で進み、恐竜ロボットの機能の大部分はアナウンスであることはあまり変わりなかった。

 ハウステンボスの稼働率は現在90%以上だと聞き、「それだけ人気が高いのなら、別に変える必要もなかったのでは」という素朴な疑問も浮かんだ。だが澤田会長兼社長によると、この進化と変化には、ビジネス戦略のうえでの大きな意味があるのだという。

チェックイン時はフロントに近づくと恐竜ロボットが「タッチパネルで言語を選択してください」とアナウンス。使用言語を選択後、「音声入力」と「手入力」を選択。音声入力を選択すると「僕に向かってお名前をお話しください」とアナウンスがあり、名前を言うとタッチパネルに登録済みのデータが表示される。確認後、サインをすると隣の精算機から領収書とカードキーが発行される
チェックイン時はフロントに近づくと恐竜ロボットが「タッチパネルで言語を選択してください」とアナウンス。使用言語を選択後、「音声入力」と「手入力」を選択。音声入力を選択すると「僕に向かってお名前をお話しください」とアナウンスがあり、名前を言うとタッチパネルに登録済みのデータが表示される。確認後、サインをすると隣の精算機から領収書とカードキーが発行される
[画像のクリックで拡大表示]
各客室に設置されているAI搭載のコミュニケーションロボット「Tapia」。通常モデルのTapiaは白だが、同ホテルではカラフルなデザインになっている
各客室に設置されているAI搭載のコミュニケーションロボット「Tapia」。通常モデルのTapiaは白だが、同ホテルではカラフルなデザインになっている
[画像のクリックで拡大表示]
室内でVR体験ができるツール「ハコスコ」はチェックイン時にフロントで伝えれば貸し出してもらえる(数に限りあり)
室内でVR体験ができるツール「ハコスコ」はチェックイン時にフロントで伝えれば貸し出してもらえる(数に限りあり)
[画像のクリックで拡大表示]
「スタンダードツイン(18.5平米/ベッド2台、ソファベッド1台)」は利用人数1~3人。大人2人利用で1万4000円~(税・サービス料込み、以下同)。寝るまではスペースを広く使えるよう、ベッドは幅90cm×長さ200cmとやや小さめ。ベッドには東洋紡が開発し、最新型の新幹線のグリーンシートにも使用されているマットレスを業界初導入
「スタンダードツイン(18.5平米/ベッド2台、ソファベッド1台)」は利用人数1~3人。大人2人利用で1万4000円~(税・サービス料込み、以下同)。寝るまではスペースを広く使えるよう、ベッドは幅90cm×長さ200cmとやや小さめ。ベッドには東洋紡が開発し、最新型の新幹線のグリーンシートにも使用されているマットレスを業界初導入
[画像のクリックで拡大表示]
「スタンダードトリプル(23.5~24.5平米/ベッド3台、ソファベッド1台)」は利用人数2~4人。大人3人利用で1万5600円~。ソファはベッドのマットレスと同材質で、広げるとベッドと同サイズになり、4人利用でもゆったり休めるという
「スタンダードトリプル(23.5~24.5平米/ベッド3台、ソファベッド1台)」は利用人数2~4人。大人3人利用で1万5600円~。ソファはベッドのマットレスと同材質で、広げるとベッドと同サイズになり、4人利用でもゆったり休めるという
[画像のクリックで拡大表示]
クローゼット型ホームクリーニング機(LG Styler/LGエレクトロニクス・ジャパン)を日本のホテルで初導入(2室のみ)。振動とスチームで、衣類についた臭いやシワ、花粉などを除去し、除菌もする
クローゼット型ホームクリーニング機(LG Styler/LGエレクトロニクス・ジャパン)を日本のホテルで初導入(2室のみ)。振動とスチームで、衣類についた臭いやシワ、花粉などを除去し、除菌もする
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ 5年で100軒! ロボットの販売も!?