“日本の餃子”を提案したい

 しかし、いまなぜ「餃子」なのか?

 「国民食として安定的に人気があるうえ、最近では専門店が増えるなどブームの兆しもある。そんななか、これまでの中華のイメージとは一線を画す“日本の餃子”を提案したかった」(岡村社長)という。

 たしかに昨今の餃子ブームを考えれば、オープン当初に人気となることは間違いない。ただ、それを継続していくためには、魅力的なトッピングを次々と投入できるかどうかがカギだろう。

食べ放題のイカの塩辛をトッピングするという荒技も
食べ放題のイカの塩辛をトッピングするという荒技も
[画像のクリックで拡大表示]

(文/山下奉仁=日経トレンディネット)

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。