2018年2月初旬に幕張メッセ(千葉市美浜区)で「ジャパンキャンピングカーショー2018」が開催された。330台以上もの車両が出展されたアジアでも最大のキャンピングカーショーである。

 今回は、その出展車両のなかから日本独自の規格である軽自動車をベースにした「軽キャンピングカー(軽キャンパー)」にフォーカス。サイズこそミニマムながら、優れた経済性や取り回しの良さ、駐車場を確保しやすいなどの理由から近年注目を集めているカテゴリーだ。

2018年2月2~4日、幕張メッセ(千葉市美浜区)で「ジャパンキャンピングカーショー2018」が開催された(写真提供:「ジャパン キャンピングカーショー2018」広報事務局)
[画像のクリックで拡大表示]