「そのときの歩数」を求める方法とは?

 なお、当初、歩く前後の歩数をメモしておき、その差を計算することで「ある時間に歩いた歩数」を求めていたが、もっと簡易な方法で求められることに気づいた。

 iPhoneは、一定のタイミングで歩数データを記録している。後からこれを参照すれば「ある時間に歩いた歩数」を求められる。前述の表はその方法で求めた値を使用している。方法は以下の通り。

「ヘルスケア」アプリの歩数画面で「データを共有」をタップする
「ヘルスケア」アプリの歩数画面で「データを共有」をタップする
[画像のクリックで拡大表示]
「データソース」のリストで、測定した歩数を知りたいデバイスをタップする(ここではiPhone)。なお画面上にスマートウォッチの「Apple Watch」と、アクティビティ・トラッカー(活動量計)の「Jawbone UP2」が表示されているが、これは筆者が、歩数をカウントするデバイスとして設定しているためだ。iPhoneだけを使用しているならば、これらは表示されない
「データソース」のリストで、測定した歩数を知りたいデバイスをタップする(ここではiPhone)。なお画面上にスマートウォッチの「Apple Watch」と、アクティビティ・トラッカー(活動量計)の「Jawbone UP2」が表示されているが、これは筆者が、歩数をカウントするデバイスとして設定しているためだ。iPhoneだけを使用しているならば、これらは表示されない
[画像のクリックで拡大表示]
歩数を知りたい日付をタップする
歩数を知りたい日付をタップする
[画像のクリックで拡大表示]
歩いた時間帯に入っている数値を合計すれば「そのとき歩いた歩数」が求められる
歩いた時間帯に入っている数値を合計すれば「そのとき歩いた歩数」が求められる
[画像のクリックで拡大表示]

 この際、歩き始める前と後で、静止している時間が1分ぐらいあれば、カウントしたい歩数とカウントしたくない歩数を分けることができる。

 iPhoneで「ある時間に歩いた歩数」などを求めるには、変則的な方法を取る必要があった。しかし多くの場合は、1日単位で歩数が分かればいいことがほとんどなので、実用上は問題ないだろう。

 iPhoneが測定する歩数は、かなり信頼できると実証できたので、これからも安心して使っていきたい。

(文/伊藤朝輝)