クルマと同じ操縦感覚でドローンレースのハードルをグッと下げる

 ドローンレースを楽しむためのドローンとして、古くからR/Cカー(ラジコンカー)などを手がけてきた京商が2016年末に発売したのが「DRONE RACER」(ドローンレーサー)だ。

京商のDRONE RACER。近未来の世界を描いた映画に出てくるクルマのようなスタイルが個性的なデザインだ。操縦は一般的なR/Cカーの送信機と同じく、ステアリングホイールとピストルグリップのトリガーを用いる。価格は、送信機やバッテリーが付属した「レディキット」が2万2000円前後

 ドローンを使ったレースだが、現在はFPV(ファーストパーソンビュー、一人称視点)で飛ばすスタイルが主流となっている。ドローンに積んだカメラから送られてくる映像をモニター用のゴーグルで見ながら操縦する仕組みで、ドローンを直接見ながら飛ばすよりもはるかに難しい。さらに、レース用のドローンはシャシー(機体)やモーター、コントローラー、カメラといったパーツを用意して組み立て、さらに自身で調整をする必要がある。難易度が高いことから、現状では一部の詳しいマニアが手を出すにとどまっている。

 その状況を鑑み、DRONE RACERはより多くの人にドローンでレースを楽しんでもらえるよう、何よりも手軽さを重視したのがポイントだ。機体は完成済みなので購入後の調整はいらず、フライトは機体を見ながら操縦できるので、FPV方式のドローンよりもはるかにとっつきやすい。外観は、F1をはじめとするフォーミュラーカーを模した親しみやすいデザインに仕上げ、“未来のクルマ”というコンセプトでファミリー層を中心にファン獲得を狙う。

DRONE RACERは、フォーミュラーカーを連想させるデザインに仕上げた。ボディータイプは2種類で、こちらは「G-ZERO」(ジーゼロ)
こちらは「ZEPHYR」(ゼファー)だ。いずれも塗装済みで、買ってきてすぐに飛ばすことができる

 DRONE RACERは操縦方法も工夫した。一般的なドローンは前後左右に加え、上昇下降と左右回転という4つの動きを制御するために、4ch(チャンネル)以上の操作系を持った送信機を使う。2本のスティックで4つの操作を同時にこなさなければならず、慣れないとスムーズに操作するのは難しい。

 DRONE RACERでは、R/Cカーと似た構造の送信機を採用し、前後進をピストルグリップのトリガー(引き金)で、右左折をステアリングホイールで操作できるようにした。ステアリングホイールを左右に回すことで、機体の左右と左右回転の動きを自動的に調整するので、クルマが進むのと同じように左右にカーブを描きながら曲がっていく。

 ドローンの操縦が難しいとされるのは、地面を走るR/Cカーの動きが二次元なのに対し、ドローンは高さ方向も加わった三次元の動きを求められるからだ。DRONE RACERは、機体に搭載した超音波センサーと気圧センサーで高度を一定に保つことで上下方向の操作を不要にし、R/Cカー感覚のイージーな操縦を可能にした。R/Cカーを楽しんだことがある人はもちろんのこと、初めての人であっても直感的に操作できるだろう。

 離陸と着陸は、送信機のスイッチ操作で自動的にできる。飛行高度は、原則として常に地面との距離を一定に保つため、飛行コース上にジャンプ台のような急な上り坂があっても地形に合わせて高度を上げてくれる。変化に富んだ地形の飛行も容易なのが頼もしい。

機体下面に装備された超音波センサー。内蔵された気圧センサーとともに、高度を自動制御するのに機能する。高度は、送信機のスイッチで地上約35cmもしくは60cmが選べる