軽バンコンに“遊び”の要素を

 こちらは国内のトップビルダーであるナッツ(福岡県遠賀町)のニューモデル「スピナ POPアップ キャルルック バージョン」。見ての通り、軽バンをワーゲンバスふうに仕立てたキャンピングカーである。外装色と内装色を3色から選ぶことができ、地味な印象になりがちな軽のバンコンバージョン(※)に「遊び」の要素が加えられている。ポップアップルーフやキッチン、対面ダイネットなど、装備はかなり本格的。359万円から。

バンコンバージョン):バンコン。ワンボックスカーの車内を架装したタイプのキャンピングカー。

キャビンが変形する画期的なモデル

 コイズミ(東京都板橋区)の「かるキャン」は宿泊時にキャビンを変形させることで全高が930mm、全幅が615mmアップするという画期的な1台。車室容積が2.4倍にも広がるので、軽キャンパーでありながら普通車ベースのキャンピングカーに迫る快適さが得られるという。変形操作は一人でも簡単に行え、走行状態からわずか1分足らずでこの形にすることができる。