味やクオリティーだけでは差異化できない

 エイチ・アイ・エスが運営する「変なカフェ」は、単腕型・高性能協働ロボット「Sawyer(ソーヤー)」と、同時に複数杯のドリップコーヒーを淹れられるバリスタマシンの「Poursteady(ポアステディ)」を活用。ロボットがコーヒーをハンドドリップしたり、接客や後片づけまでを担当する。

 カウンター形式なので、コーヒーは客が自ら席まで運ぶ。備品の補充などわずかな作業を人間がサポートすればいいので、専任スタッフを置く必要がないという。「初期投資はかかるが、人件費が抑えられるのでコーヒーをリーズナブルな価格で提供できる」と、同カフェを手がけたエイチ・アイ・エス経営企画本部広報室の三浦達樹主幹は話す。店舗はH.I.S.渋谷店内にあり、旅行の相談に訪れた客の待ち時間の緩和になればと考えたそうだが、ロボットを目当ての来客にも期待しているという。

「変なカフェ」(渋谷区神南1-21-3 渋谷モディB1F H.I.S.渋谷本店内)。営業時間は11~21時。定休日は1月1日、そのほかにメンテナンスによる臨時休業あり
「変なカフェ」(渋谷区神南1-21-3 渋谷モディB1F H.I.S.渋谷本店内)。営業時間は11~21時。定休日は1月1日、そのほかにメンテナンスによる臨時休業あり
[画像のクリックで拡大表示]
ソーヤーが7つある関節を駆使して紙コップをバリスタマシンのポアステディに移し、コーヒー豆を挽いて金属製のコーヒーフィルターに入れる
ソーヤーが7つある関節を駆使して紙コップをバリスタマシンのポアステディに移し、コーヒー豆を挽いて金属製のコーヒーフィルターに入れる
[画像のクリックで拡大表示]

 これら3店の取材を通し、カフェの役割が変化してきていると感じた。スペイシーコーヒーは「カフェは空間と電源とWi-Fiを提供する場所」とし、コーヒーマフィアも来店頻度を上げてビジネスを展開するためのツールとしてコーヒーを選んでいる。変なカフェで、ロボットがコーヒーを入れるという面白さで集客を狙っている。もはやコーヒーは主役ではないのだ。

 近年、コンビニやファーストフード店もコーヒーに力を入れ始め、味やクオリティーだけでは差異化が難しくなっている。また、喫茶店やカフェをリラックスする場所ではなくオフィスの延長として使用する人が増えていることも、こうした業態が増えた一因なのかもしれない。スターバックスは「サードプレイス(第三の生活拠点)」として親しまれることを店舗のコンセプトにして成功をおさめたが、今やカフェの役割は大きく変わろうとしているのかもしれない。

(文/桑原恵美子)

日経トレンディネット 2018年2月14日付の記事を転載]

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。