インフルエンザが猛威をふるい、花粉も飛ぶ季節、マスクなしには外を出歩けないという人も多いだろう。マスクでどれだけウイルスや花粉を防いでいるのか、半信半疑のまま使っているというのが正直なところだ。

 そんなとき、「ダチョウ抗体マスク」(発売元クロシード)なる製品があることを知った。文部科学省・科学技術振興機構(JST)のプロジェクトの一環で、産学官連携開発から生まれたというマスクは、季節性インフルエンザウイルス、新型インフルエンザウイルス、鳥インフルエンザウイルスの感染抑制率が99%以上、さらに花粉(スギ・ヒノキ・ブタクサ)やPM2.5にも対応できるという。それらの効果は、文部科学省・科学技術振興機構が海外に向けて作成した研究レポートでも紹介されているという。

「ダチョウ抗体マスク」(25枚入り、4500円)はクロシードのウエブサイト)やドラッグストアなどで販売中。一般用のRサイズのほか、女性向けのSサイズ、子ども用のSSサイズも展開

 それらのリスクを低減できるカギとなるのが、ダチョウの卵から抽出した「ダチョウ抗体」だ。ダチョウといえば、平原を疾走する世界一大きな鳥というイメージしかなかったが、実は驚異的な免疫力の持ち主なのだという。

 そこで、「ダチョウ抗体マスク」の生みの親であり、ダチョウ抗体研究の第一人者でもある京都府立大学大学院 生命環境科学研究科の塚本康浩教授に話を聞いた。