キーボードは合格だが、カメラの位置が問題だ

 YOGA 910のキーボードは、YOGA 900に比べるとずいぶん良くなっている。YOGA 900は「Enter」キーの右側に1列キーが並んでいたため、入力ミスが多かった。その点、一般的な配列を採用しているYOGA 910だと入力ミスが減るように思う。

 ただし、矢印キーが一段下がっていないし、Enterキーに文字が食い込んでいるレイアウトも美しくない。キータッチはストロークがやや浅く感じるが、ほどほどの打ちやすさと言っていいだろう。

 とても残念なのが、タッチパッドにボタンが用意されていないことだ。実用性を考えると、左右の独立したボタンはぜひ搭載してほしかった。

 最大解像度3840×2160ドットの液晶はタッチ操作に対応しているが、16対9とワイドなのが気に入らない。タブレット的に使う際には、もっと縦が広いほうが使いやすい。

 また、ウェブカメラにも欠点がある。液晶の下部分に位置しているために、下から見上げる角度で顔が写ってしまうのだ。液晶下部分のスペースもやたらに広く、画面が腰高な印象を受けるのもマイナスポイントとしたい。

Enterキーの周囲が妙なレイアウトになっている
タッチパッドはサイズこそ大きいのだが、ボタンが用意されていないのが残念
指紋センサーは縁取りがダイヤモンドカット仕上げだ
ウェブカメラは下から見上げる角度になるのが許せない