高機能かつ超軽量のジョイコンがすごい!

 最大の注目ポイントは、ジョイコンと呼ばれる、2つでワンセットのコントローラーです。

ジョイコングリップに装着すると、従来のゲーム機のコントローラのような形になる。これがオーソドックスな形。
ジョイコンをグリップから取り外してプレーすることも可能。一方を相手に渡しての対戦プレー(おすそわけプレー)もできる。

 いずれゲーム売り場などでNintendo Switchが試遊できるようになったら、ぜひ格闘ゲーム『ARMS』を体験してみてください。両手にジョイコンを握り、自分の手をパンチするように動かすと画面内のキャラがパンチを出す――というシンプルな格闘ゲームてす。『Wii Sports』の味わいを残す格闘ゲームだと思っていただければ、およそのイメージはつかめるかと思います。

『ARMS』。伸びる手でパンチを繰り出し、相手を倒していく格闘ゲーム。2017年春発売(c)2017 Nintendo
ジョイコンを左右に持ち、手を大きく動かして『ARMS』をプレーする様子。子どもたちは夢中で楽しんでいた

 いざプレーすると、ジョイコンの軽さに驚かされるはず。重量はおよそ50g。水でいうと大さじ3杯ちょっとの重さしかないため、握っていることすら忘れそうになるのです。これまでのゲームのような「コントローラーを振っている」という感覚は消失し、ただ「自分がパンチを出すと、ゲーム画面の中のキャラがパンチするんだ」という、直感的なプレー感覚に包まれていくのです。なるほど、子どもたちが夢中になるのも当然だ、と実感できるでしょう。