30年以上続く米国の教育改革。その歴史はP.S.125が没落していく歴史でもある。

 「80年代の半ばから後半にかけて、この学校には1000人を超える生徒がいました。当時は教科もたくさんあり、演劇や言語、音楽を教える専門の教師もいました」

 32年間、P.S125の教壇に立つベンジー・ブラットマンはそう振り返る。だが、90年代以降は生徒数が大きく減少していく。地域の子供が減ったという人口動態的な要因もあるが、近隣のチャータースクールとの競争に敗北したという面も大きい。

「かつては1000人を超える生徒がいた」と語るベンジー・ブラッドマン(写真:Retsu Motoyoshi)

「英語と算数を教えるだけ」

 ヒギンズが赴任する前のP.S.125は、学区の中でも成績の悪い落ちこぼれ校として有名だった。それに対して、チャータースクールは大学進学率やテストスコアの良さを前面に出して生徒募集を進めていた。現実を見ればチャータースクールはピンキリで、英語を母国語としない子供や障害を持つ子供を受け入れないなどの批判は根強い。公立はそういう子供も受け入れなければならず、テストの点数を学校の評価と見なすのは公平とは言えない。また、ニューヨークのような大都市は移民が多く、子供の語学力や学力レベルにばらつきがある。

 だが、貧困にあえぐ親ほど貧困から抜け出すために、子供に充実した教育を受けさせたいと考える。結果的にチャータースクールを選ぶ家庭が増加、ヒギンズが着任した頃は全校生徒が150人まで落ち込んだ。

 「生徒が減り、教科や放課後のプログラムがカットされました。われわれ教師は英語と算数を教えるだけで、それ以外のことは何もできなかった」。そうブラットマンは振り返る。

機会の不平等と格差の固定化

 生徒数の減少はP.S.125の苦境に拍車をかけた。

 一般的に、米国では固定資産税が教育予算の財源のおよそ半分を占める。固定資産税は不動産価格に連動するため、裕福な地域ほど教育予算が潤沢で、貧しい地域ほど教育にかける予算が少ない。予算が多ければ子供の興味に応じて様々なプログラムを提供することが可能になるが、予算に限りのある学校は教師の人件費をまかなえず、教科の削減などにつながる。

 住んでいる場所で教育の質が大きく変わる現実――。教育の機会不平等と、それに伴う格差の固定化は米国の病理の一つだ。

 「教育の質と税収の低さは貧困層の多い都市部でとりわけ深刻です。裕福な地域には素晴らしい公立校があり、そもそもチャータースクールを選ぶ必要がない」

 ニューヨーク市立大学教授のデイビッド・ブルームフィールドはこう指摘する。

「教育の質と税収の低さは都市部でとりわけ深刻」と語るデイビッド・ブルームフィールド(写真:Retsu Motoyoshi)