3号機はがれき撤去からカバーの設置へ

 爆発による損傷が大きく、周辺の放射線量が高い3号機原子炉建屋。鹿島が2011年9月から無人化施工によるがれき撤去を開始し、現在は建屋の最上階(オペレーティングフロア)の除染と遮蔽体の設置が進んでいる。除染などが終われば、16年夏から使用済み燃料の取り出しに向けたカバーの設置が始める予定だ。

3号機原子炉建屋を北西側から見た様子。爆発で破損した箇所が生々しく残っているものの、建屋の上部は片付いている(写真:日本記者クラブ取材団代表撮影)
3号機原子炉建屋を北西側から見た様子。爆発で破損した箇所が生々しく残っているものの、建屋の上部は片付いている(写真:日本記者クラブ取材団代表撮影)

大型休憩所の7階から見た3号機原子炉建屋の上部(写真:日本記者クラブ取材団代表撮影)
大型休憩所の7階から見た3号機原子炉建屋の上部(写真:日本記者クラブ取材団代表撮影)

2012年9月頃の3号機原子炉建屋。建屋の上部には、崩落した屋根の部材などが折り重なっていた(写真:東京電力)
2012年9月頃の3号機原子炉建屋。建屋の上部には、崩落した屋根の部材などが折り重なっていた(写真:東京電力)

3号機原子炉建屋燃料取り出し用カバーの完成予想図(資料:鹿島)
3号機原子炉建屋燃料取り出し用カバーの完成予想図(資料:鹿島)

カバーの部材は小名浜港から海上輸送

 燃料取り出し用カバーは、燃料取り扱い設備(FHM)の走行架台であるFHMガーダーの上に、ドーム屋根が載る構成。高さは53.5m、奥行きは56.9mもある。トラス構造を採用して軽量化したものの、鉄骨の総重量は1250tに上る。爆発で傷んだ建屋の上部に荷重を掛けないように、橋のような形状をしている。

 鹿島はカバーの部材を福島県いわき市の小名浜港に保管している。小名浜港から発電所まで海上輸送する予定だ。がれき撤去の経緯、燃料取り出し用カバーの詳細は下の記事を参照してもらうとして、次ページでは、あまり注目されることがなかった「がれき撤去用構台」について解説しておこう。
 ⇒省人化は八つの“ロールケーキ”で(「日経コンストラクション」購読者の方向けです)

3号機原子炉建屋の燃料取り出し用カバー(資料:東京電力)
3号機原子炉建屋の燃料取り出し用カバー(資料:東京電力)

FHMガーダーの側面。燃料取り扱い設備(FHM)が走行できるように、上部にはレールを敷いてある(写真:日経コンストラクション)
FHMガーダーの側面。燃料取り扱い設備(FHM)が走行できるように、上部にはレールを敷いてある(写真:日経コンストラクション)

3号機の使用済み燃料取り出しは東芝が担当する。その証拠に、FHMガーダーの上部に敷設したレールには、「WESTINGHOUSE」の文字が。ウエスチングハウスは東芝の米原子力子会社だ(写真:日経コンストラクション)
3号機の使用済み燃料取り出しは東芝が担当する。その証拠に、FHMガーダーの上部に敷設したレールには、「WESTINGHOUSE」の文字が。ウエスチングハウスは東芝の米原子力子会社だ(写真:日経コンストラクション)

3号機原子炉建屋の燃料取り出し用カバーのドーム屋根のパーツ。FHMガーダーとともに、発電所から55km離れた福島県いわき市の小名浜港で保管している(写真:日経コンストラクション)
3号機原子炉建屋の燃料取り出し用カバーのドーム屋根のパーツ。FHMガーダーとともに、発電所から55km離れた福島県いわき市の小名浜港で保管している(写真:日経コンストラクション)

次ページ 「東京スカイツリー」にゆかりのあるもの