がれき撤去、職人と機械の競演でカバー解体

1号機原子炉建屋のカバーは、放射性物質の飛散防止などを目的に、清水建設が設置した。図中には、カバーの建設(図中の1~4)から、がれきの撤去に向けた解体(5~10)までの流れを簡略化して示した。図は取材をもとに日経コンストラクションが作成した

閉じる