5kmごとの記録は携帯電話で確認できる

 36kmで東京マラソンの最大の難所と言われる佃大橋があるのだが、その直前で編集長から差し入れをもらうこともできた。応援に来てくれていることは知っていたが、私のペースがあまりにも遅いために会うことはできないと諦めていた。

スタートから36km付近にある佃大橋は東京マラソンで最大の難所と言われる。この距離に長い上り坂を持ってくるコース配置が憎らしい…。私の周囲のランナーは皆、歩いていました
スタートから36km付近にある佃大橋は東京マラソンで最大の難所と言われる。この距離に長い上り坂を持ってくるコース配置が憎らしい…。私の周囲のランナーは皆、歩いていました

 だが、東京マラソンには他の大会と同じように「ランナーアップデート」というサービスが提供されている。これはランナーの番号や氏名を入力すると5kmごとのラップタイムや通過時刻が表示されるもの。これを見ればランナーがどこにいるかおおよそ予測できる。だからこそ編集長は、私が通る時刻を先回りして待っていてくれたのだ。走る人だけでなく、応援する人のことも考えて作られた素晴らしいサービスと言える。

 そしてゴール。タイムは5時間55分21秒だった。目標よりも1時間以上もオーバーしてしまったけれど、今日の体調を考えたら完走できただけでも大満足と言える。完走者だけに配られる大会オリジナルタオルを体に巻き、記念メダルを首にかけてもらうと、何とも誇らしい気持ちになった。

いろんなことを乗り越え、やっとゴール。これでフルマラソン歴は5回となった
いろんなことを乗り越え、やっとゴール。これでフルマラソン歴は5回となった

 東京マラソンはたくさんの企業が協賛しているので、完走者にはさまざまなプレゼントが提供された。

 個人的に嬉しかったのは、コニカミノルタの「FINISHER’s REPORT」だ。これは事前にFacebookかTwitterのアカウントを登録しておくと、10kmごとのタイムとゴールしたタイムを印刷して、その場で手渡してくれるサービスだ。SNS(交流サイト)と連携しているので、友人や知人の応援メッセージもリポートに一緒に載る。まさに、記念すべき1日の、世界でたった1枚のリポートとなる。いろいろと苦しいことはあったけれど、形のある記録が残るのは素直に嬉しい。

コニカミノルタの「FINISHER’s REPORT」。記録はグロスタイム(スタートの号砲が鳴ってからその人がゴールするまでの時間)ではなく、ネットタイム(その人がスタートラインを通過してからゴールするまでの正味の時間)で表示している。私はスタートラインを開始から7分ぐらい過ぎて通過しているので、ネットタイムは5時間48分30秒となる。少しでもタイムを良く見せたいランナーの気持ちに配慮したサービスだ
コニカミノルタの「FINISHER’s REPORT」。記録はグロスタイム(スタートの号砲が鳴ってからその人がゴールするまでの時間)ではなく、ネットタイム(その人がスタートラインを通過してからゴールするまでの正味の時間)で表示している。私はスタートラインを開始から7分ぐらい過ぎて通過しているので、ネットタイムは5時間48分30秒となる。少しでもタイムを良く見せたいランナーの気持ちに配慮したサービスだ
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ 東京マラソンの制限時間をもう少し延ばせないか