小澤竹俊先生(めぐみ在宅クリニック院長・エンドオブライフ・ケア協会理事)と、本連載の執筆者、松浦晋也さんの対談をお送りしています。

 小澤先生は、ホスピスの専門家としての診療と「自宅での看取り」を可能にするための人材育成に取り組んでいます。「苦難の最中にあっても、人は穏やかに生きることができる」と信じる小澤先生の言葉は、介護の問題を抱える家族や本人にとっても、大きく響くように思います。今回は、その穏やかさにたどり着く前に、とくに男性に大きな問題になりがちな「抱え込み」を取り上げます。

(構成・聞き手:担当編集Y)

小澤竹俊(おざわ・たけとし)
1963年東京生まれ。「世の中で一番、苦しんでいる人のために働きたい と願い」医師を志し、1987年東京慈恵会医科大学医学部医学科卒業。 1991年山形大学大学院医学研究科医学専攻博士課程修了。 救命救急センター、農村医療に従事した後、94年より横浜甦生病院 内科・ホスピス勤務、1996年にはホスピス病棟長となる。2006年めぐみ在宅クリニックを開院、院長として現在に至る。「自分がホスピスで学んだことを伝えたい」と、2000年より学校を中心に「いのちの授業」を展開。「ホスピスマインドの伝道師」として精力的な活動を続けてきた。2013年より、人生の最終段階に対応できる人材育成プロジェクトを開始し、多死時代にむけた人材育成に取り組み、2015年、有志とともに一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会を設立し、理事に就任。現在に至る。2017年3月にはNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に登場し、大きな反響を呼んだ。

(前回から読む

小澤:私が「看取り」で目指しているのは、介護されているご本人、そして介護されているご家族、双方が「穏やかになる」ことです。人間は、どんな苦しい状況の下でも、穏やかになれる可能性がある。それをどうやって実現するか、です。これは、ご存命のまま、介護が続く状況でも同じ考え方が有効だと思います。ただ、穏やかになる条件は人によってすべて異なります。では、どうするか。

 人が生きているのは、今のこの瞬間、でありながら、その人の歴史がひも付いているんです。松浦さんのお母さんは、「海軍の軍人の娘として、日本の軍港がある土地を回っていて、一番覚えているのは、逗子から通っていた横須賀だ」と松浦さんが聞かせてくださいました。逗子のことを懐かしく思う、というところに、すごく大事なお母さんの物語があるように感じます。

 もし私が医療関係者として、松浦さんのお母さんの介護を担当していたとすれば、そのあたりを意識して、お母さんからお話をお聞きしていくと思います。松浦さんの方は、「どうか仕事と介護と両立をしてください」と最初にお願いするでしょうね。ただ、息子さんが全部、一から十までされたい場合には、一から十までした方が気持ちが穏やかであれば、それはたぶん否定はしないと思うんです。

松浦:なるほど。

介護する人、される人が「穏やかに生きる」には

小澤:その上で、仕事と介護を両立するにはこういう選択肢がありますよ、メリットとデメリットはこうですよ、と選択肢を示すでしょう。どんな選択肢があるかを知った上で、それを選ぶか選ばないかはご家族の自由です。知らないで選ぶのと、知っていて選ぶのでは大きく違うと思うので。いかに制度的にこれが有利だから、正しいからといって、一方的に押し付けたのでは、ご本人の自由を奪います。

 松浦さんはTさんという、まさにぴったりのケアマネージャー(以下ケアマネ)と出会われて、押しつけがましくも冷たくもない、絶妙の関係性を築けた。こういうふうに、介護する方が穏やかになるやり方で、支えてくれる人との出会いは本当に重要ですね。

 特に仕事をしている人たちに、介護にはいろいろな選択肢があることを知っていただいて、決して1人では悩まないようにしてほしい。相談できる相手を見つけて、穏やかに仕事と介護が続けられるための条件を探してほしいなと、松浦さんの本を読みながら感じていました。

 …今のお話を聞いていて改めて思いましたけど、松浦さんは、担当の私にもご自身の状況をほとんどお話になりませんでしたよね。「介護で大変なんですよ」と、ほんとうにそれだけ、1、2回おっしゃったくらいだったと思うのですが。

松浦:そうですね。

 介護のストレスを吐き出す相手はいなかったんですか。仕事仲間とか、あるいは飲みに行った先とか、友達とか。

「もしや」の予感から目を逸らさずに
撤退戦を戦い抜くための経験則がここにある

●私自身の経験と重ね合わせて涙が出てきました。これから介護される側になろうとしている年代の人たちこそ是非ともこのコラムを読んで欲しいと思います。

●冷静な文章ながら時々感情的になったりしつつ、松浦さんの葛藤と苦労が手に取るようにわかります。

●敗戦記。なるほど。戦いなんですね。認知症の家族と共に暮らすこと。自分も父母がそうなれば、真正面からぶつかってしまうかも。プロの手を借り口を借り、一緒に上手く生きたいから、学ばせていただきます。

●この連載が、広い世代のビジネスパーソンが読む、日経ビジネスオンラインという媒体で連載されていることの意味は、本当に大きいと思います。

●ただの介護のぐちではなく、著者の心の葛藤とお母さまへの愛情、色々と思案されているお姿が微笑ましくもありご苦労も伝わってきます。

(連載中に記事に頂戴したコメントから引用させていただきました。ありがとうございます)