杉田さんのお母様は、ご自身の状況をどうやって受け入れていかれたのでしょうか。

杉田:母の場合は、乗り越えるのをあきらめたというか、いえ、「お互いにあきらめた」んです。

松浦:あきらめた。と。

杉田:「元の生活に戻そう」と思うこと自体が不自然なことなんだ、って。こうして倒れたということは、それはもう、いきなり倒れたんじゃなくて、倒れるべくして倒れたんだ、と。倒れてしまって、自分では動けなくなってしまったんだけれども、「人間は、そういうふうに変化をしていくものだ」と考えて、時間をかけて、そういう環境を母も私も、お互いに受け入れよう。うちの介護は、そういうふうな戦いなんだなと思います。

 諦めて受け入れる戦い。

杉田:はい、そして、母と私の中では、この“戦い”を通して、ふたりの関係性をもう1回、本当に見直すいい機会だと認識できているな、と感じます。

松浦:それはどういうことなんでしょうか。

うちの母は、不良だったんです

杉田:というのは、私の場合、松浦さんのお家と真反対に、母がすごく不良だったんですね(笑)。

 ふ、不良?

杉田:松浦さんのお母様は、時代に先駆けて会社で働くキャリアガールでしたね。うちの母は、私が言うのも何ですけれど、実はすごく有能、私よりもうずっと優秀な、頭のいい人なんですけど、逆に頭がいいから「遊んで暮らせる方法」をすぐ考えつく人で。

松浦:えっ、例えば?

杉田:例えば、私を子役として働かせるのもそうですよね(笑)。

松浦:ああっ、そうか。

杉田:そういう感じで生きてきたんです。私が生まれる前にも、ダンスホールに行ってボーイフレンドを見つけてちゃっかりごちそうになる、みたいな。今で言う、あ、言わないのか(笑)、昔で言うコギャルみたいな母親だったので、逆に「努力」とか「苦労」とか、そういう社会の規範にあまり……

松浦:とらわれない。