取り出してみると、それは「C」で始まる「女性の自立」の魁として名高い、世界的ブランドの袋でした。N市ではそう多くの店では扱っていないはずで、わざわざ百貨店まで出かけたのでしょう。いったい母は何を買ったのか。もういちどテーブルを見直すと、さりげなくフェイスクリームの瓶が入った箱が。なぜさっき気づかなかった!

 「母さん、これは?」
 「あ? あー、化粧品」
 「うん、見れば分かるけど、あのこれいくらくらいするの」
 「さあ、いくらだったかしら(ちょっと目を逸らす)」

 たまたま、箱にお値段が貼ってありました。
 わが美しき愛妻様が見たら卒倒しそうな数字です。

高い化粧品も、心のハリ…か?

 「…うわっ! た、高っ!」
 「でもねえ、ひと瓶で2、3カ月は使えるのよ」
 「いや、それでもこれはたいへんな高級品じゃない? …あー、肌が綺麗なのはもしかしてこれのせいなのか」
 「そうでしょ、やっぱりいいものは効くのよ♪」

 生きていく甲斐のひとつとして、もしかしたら高くはないのかもしれません。が、家庭の平和のために、このことは墓場に持っていこう、愛する妻がN市を訪れる際には、家の中で「C」のロゴが決して目に入らないようにしよう、と密かに決心しました。

 これまで気づかなかった「膝の痛み」と、そのせいか歩行がかなり厳しくなっている様子が気がかりです。しかし、初日はこのへんでタイムアップ。

 明日は、連載の中で「親の介護に迷ったら、まず『地域包括支援センター』!」(こちら→「「ん? ひょっとして認知症?」と思ったら」)と松浦さんが書いていた施設を訪ねてみることにします。

(つづきます)